人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

ピッツェリア ガットリベロ

こだわりの生地を店内の石窯で焼いたアツアツの本格ピッツァ!(名古屋 野並駅 ピッツェリア ガットリベロ)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

ピッツェリア ガットリベロ

電話番号
052-895-3155
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
愛知県 名古屋市 天白区野並3-235 サンモール井田 1F-B [ MAP ]
最寄り駅
地下鉄野並駅
営業時間
平日18:00〜23:00 土日祝12:00〜14:00 18:00~22:30
定休日
水曜日、第2木曜日
座席数
17
平均予算
昼900~1,700 夜2,000~3,000
求人情報
-

※記事中の価格は取材当時の価格です。

地下鉄桜通線野並駅から歩いて2分程の東海道沿いにある「ピッツェリア ガットリベロ」
本格ピザが食べられるお店として人気です。

定番はもちろん「マルゲリータ」!

マルゲリータ(1,100円 税込)

ピッツェリア ガットリベロのピザは、形が丸くて回りにミミのあるものが基本です。
そのナポリピザの中でも最も定番といえば「マルゲリータ」で、もちろんお店の一番人気です。

こちらのピザの生地は国産の小麦粉を使って焼いています。
イタリア産に比べて輸送時間が短いため鮮度も高く、また日本の軟水での調理とも相性が良いので、日本人好みのモチモチの食感に仕上がります。

より軽く食べやすいようにするためにイーストを減らす代わりに、こねた生地をワインセラーで35時間も長期熟成させます。

こうすることで讃岐うどんのようなコシが生まれます。

頂いてみると、口に入れる直前にトマトの香りがし、一口食べるとバジルの風味が口から鼻に抜けていきます。納得の旨さです。

チーズがダブルで美味しい「ビアンカ」!

ビアンカ(1,200円 税込)

モッツァレラチーズとペコリーノチーズの両方の美味しさが一度に楽しめるのが「ビアンカ」です。
生地はもちっとして、口当たりは軽い、そして周りのコゲがカリカリ、パリパリでお煎餅のようでチーズのモチモチの食感とも相まって、食べる手がもう止まりません!

マルゲリータやビアンカをはじめ、こちらでは10種類程(1,000円~1,700円 税込)のピザが食べられます。
さらに、ランチタイムはピザの料金だけで前菜とドリンクが付きます。

「トリッパ」はワインとの相性抜群です

トリッパ(800円 税込)

イタリア風 牛もつのトマト煮込みです。
唐辛子とニンニクのシャープな香りがガツンと来ますが、すぐに引いてとても爽やかです。上に乗っているのはペコリーノチーズです。
トリッパは食事としてはもちろん、ワインのアテとしてもピッタリです。

デザートも濃厚な美味しさです!

ババナポリターナ(700円 税込)

ラム酒シロップに浸けたブリオッシュ!こちらは格別オススメの美味しさ。
そこにアプリコットジャムを塗り、メレンゲで口当たりを軽くしたセミフレッド(クルミ入りアイス)を盛るのだからたまりません!どんな料理の後でもこのデザートの美味しさは別腹です。

美味しさのために譲れない

ピザを焼く専用の窯はもちろんオーダーメイド。
火力はガスですが、炭と同じような火の回りになるように設計してあるので、中はもちっと外はカリッとの両方の焼き具合が同時に得られます。
また、ピザは1度に2枚焼ける設計になっていますが、中の温度が下がらないように、注文が立て込んだ時でも1度に1枚しか焼かないこだわりです。

ピザに合うワインはいろいろと揃っていますが、一番のお勧めは「ヤンモ」(中央のボトル)です。
ラベルもナポリからほど近い観光地ベスビオ火山のデザインで可愛い!
グラスは1杯650円(税込)です。

自由に食べて、自由に生きる、そんなピッツェリア!

店内はまさにイタリア。
すっきりと整頓されたカウンター周りや、壁面のイラストに遊び心が溢れるテーブル席など、落ち着いた中にも南欧の明るさが感じられます。

店名の「ガットリベロ」とは自由な猫、つまり野良猫のことです。

まさに自由にピザの美味しさを追求しています。
生地は天候によって伸びが大きく異なるので、生地との対話を大切にしながらピザを作っています。
それは気高く気まぐれな猫の機嫌を伺うのに似ているのかも知れません。
自由な美味しさをぜひ実感してみてくださいね。

取材日:2019.02.19

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/11/19 20:22:39

アイコン選択
メッセージ(12文字)