人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

パティスリー・グレゴリー・コレ

真っ黒なグラサージュショコラで艶々にコーティングされた、特別なチョコレートケーキ「プティガトー」はオープン以来の超人気スイーツ(兵庫 三宮 Patisserie GREGORY COLLET)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

パティスリー・グレゴリー・コレ

電話番号
078-200-4351
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
兵庫県 神戸市 中央区山本通2丁目3番5号 [ MAP ]
最寄り駅
三宮駅(阪急)
営業時間
10:30~19:30 喫茶 11:00~19:00(ラストオーダー18:00)
定休日
水曜日
座席数
20席
平均予算
1,000円~
求人情報
-

各線神戸三宮駅から北へ徒歩10分。

ハンター坂とパールストリートが交じわる場所に、コンクリート造りの美術館のような建物。
正面の大きな窓からは、厨房で作業するパティシエ達の姿。

「パティスリー・グレゴリー・コレ」は、20年間、神戸の元町商店街で営業を続け、2018年1月にこのハンター坂に移転しました。

”完璧な”チョコレートケーキ

最初に頂いたのが、オープン以来の人気商品、「アプソリュ」

グレゴリー・コレが日本に来て、初めて仕上げたのが、このプティガトー。
フランス語で、’完璧な”という意味を持つこのプティガトーは、真っ黒なグラサージュショコラで艶々にコーティングされた、特別なチョコレートケーキです。
中にはクレームブリュレが入れられ、底には香ばしいヘーゼルナッツを使ったビスキュイ、その上にはチョコレートをからめた箔状ゴーフレットが敷き詰められ、サクサクとした食感が楽しめます

前衛的な真っ白な球体

「アヴァンギャルド」

次に頂いたのは、真っ白な真珠のような輝きとフォルムが、まさに、アヴァンギャルド(前衛的)な、チョコレートとバニラのケーキです。
フランス ヴァローナ社の「グアナラ」という苦みのきいたショコラをセンターに使い、周囲をつややかなバニラのムースで包み込まれています

「グレゴリー・コレ」のベリー×ピスタチオ

「ピスターシュフレーズ」

ピスターシュフレーズは、甘酸っぱいイチゴのムースに、絶対的に相性の良いピスタチオのダックワーズを合わせています。

ムース部分には、イチゴだけでなくフランボワーズを合わせることで酸味がイチゴにプラスされ、口いっぱいに奥深いベリーのフレッシュなフレーバーが弾けます。
下の層のピスタチオ生地と一緒に頂くと、フレッシュさにピスタチオのコクとクリーミーさが合わさり、奥深さが増します。

プティガトーはもちろん、ショコラや、珍しいフレーバーのアイスクリーム等も種類豊富です。

新たなフランスの風を吹き込む、新生シェフパティシエ

移転と同時に、シェフパティシエに就任した西嶋一力さんは、東京の「ノリエット」、「グレゴリー・コレ」2代目シェフのパトリック・ロザが腕を振るうフランス/リヨンの「パトリック・ロザ」などで経験を重ねた後、日本に帰国し、2017年にパティスリーグレゴリー・コレを任される事となりました。
フランス菓子の基本を忠実に抑えながらも、西嶋さんのスパイスが加わった新たなプティガトーを、注目せずにはいられません。

現代美術館のような店内

ショーケースが置かれた黒や木目を基調にしたシックな空間から2階に上がると、モノトーンの家具が配置されたサロン・ド・テがあります。
スタイリッシュで落ち着いた雰囲気のサロンでは、五感で「グレゴリー・コレ」の味を楽しむことができます。

慣れ親しんだエリアからの移転は大きな出来事でした。
そんな中でも、元町の時の味を求めてお越しくださるお客様。
毎週のようにショーソンポム(リンゴのパイ)を予約してくださるお客様。
オープン以来毎年、クリスマスケーキを予約してくださるお客様。
「そのひとつひとつの瞬間が、私たちにとっての宝物です」と語る西嶋さん。

新たな「グレゴリーコレの」物語が、ここから始まります。

取材日:2019.02.21

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/08/26 14:35:17

アイコン選択
メッセージ(12文字)