人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

桶家

メニューはあなた次第!ご要望に合わせた創作料理オリジナルコースを楽しめるお店(熊本 水道町 創作和食 桶家)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

桶家

電話番号
096-319-5055
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
熊本県 熊本市 中央区中央街2番26号 アフィールド中央2階 [ MAP ]
最寄り駅
水道町駅
営業時間
18:00~23:00
定休日
日曜日
座席数
24席
平均予算
5,000円~
求人情報
-

熊本市電 水道町駅から徒歩10分のところにある創作和食『桶家(おけや)』

1人でゆっくりしたいとき、カップルやグループで特別な時間を過ごしたいときについ立ち寄りたくなるような落ち着いた雰囲気のお店です。

メニューはあなたの要望に合わせて

『桶家』にはこれ!と決まったメニューはありません。5,000円〜のコース料理のみ。「これが食べたい!」というあなたの要望に合わせてメニューが決まります。

はっきりとしたイメージがなくても大丈夫。
予約の際に好きなものや嫌いなもの、食事の目的などを伝えるだけで、あなたに合わせたコースメニューを創作してくれます。

ヒラメの昆布締め

まず頂いたのはヒラメを昆布締めにしたもの。

淡白なヒラメを1日かけて昆布締めにしており、旨味がしっかりと感じられます。
また、添えられているおぼろ昆布はアクセントとして、レモンの爽やかな香りで後味はさっぱり。

ホタルイカとタイラギガイの酢味噌がけ

ホタルイカとタイラギの貝柱に酢味噌をかけたものも頂きました。

甘さ控えめの酢味噌はホタルイカ、タイラギの風味を引き立たせる味付けで、お酒のアテとしてもぴったり。
さやえんどう、酢漬けにされた紅心大根が鮮やかで目でも楽しめる一皿です。

シャケのはさみ揚げ

最後はシャケにマッシュポテトと大葉を挟んで揚げたもの。

揚げられたシャケの身はふっくら、衣はサクサクとしていて心地のいい口当たり。
添えられているカボスをひと絞りすると爽やかな香りと酸味が広がります。

家庭では味わえない創作和食を

ヒラメを1日かけて昆布締めにしたり、酢漬けにした紅心大根に隠し包丁を入れたりと、『桶家』で提供される創作和食は、どれも家庭では味わいにくいものばかりです。

「お客さんには楽しい時間を過ごしてもらいたくて。料理はあくまで楽しい時間をお手伝いするためのもの」と桶家さん。
どこまでもお客様目線だからこそ、一手間を惜しみません。

あえて固定のメニューを作らず、一人一組ごとの要望に合わせて創作するのもお客さんを楽しませたいがため。
桶家さんの料理に対する強いこだわりが感じられます。

ご予約の際はぜひ「カウンター席で」

店内にはカウンター席と長テーブル、個室がありますが、おすすめはカウンター席。
むしろ「大人数でない限りは、カウンター席に座って欲しい」と桶家さん。

というのも、カウンター席であれば一人ひとりの顔を見て、ペースを合わせて料理をお出しできます。

注文したお酒の種類や会話の内容に合わせて、予定していた料理を変更することもあります。カウンター席ならではの臨機応変な対応ですね。

ちなみに、『桶家』にはビールから焼酎、梅酒など様々なお酒がありますが、特に日本酒のラインナップが豊富。
全国の有名どころから、熊本の地酒まで十数種類が揃えられています。

飛び込みで来店してくれる方も大歓迎!

隠れ家的な立地に、決まったメニューのない創作和食。
『桶家』はちょっと敷居の高い印象を受けるかもしれません。
お客様のほとんどがご予約してから来店するのもそのためでしょう。

ただ、「飛び込みの方でも大歓迎です」と桶家さん。

あなたのために考えられた創作和食コースを食べに、『桶家』へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

取材日:2019.02.19

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/03/24 01:28:41

アイコン選択
メッセージ(12文字)