人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

肉バル TASSO

肉と本気で向き合ったオーナーが厳選した最高ランクの肉が食べられる肉バル。肉本来のおいしさが味わえるTASSOへ行こう。(東京 五反田 肉バルTASSO)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

肉バル TASSO

電話番号
03-3779-9994
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
東京都 品川区 西五反田1-30-4 Reビル1F [ MAP ]
最寄り駅
JR五反田駅
営業時間
17:00~24:00
定休日
年末年始
座席数
55席
平均予算
ディナー:4,000円~4,999円
求人情報
-

五反田駅西口から徒歩3分。
2016年11月に仙台牛とアグー豚を中心とした肉バルがオープン。
20年以上飲食に携わってきた青木信吾オーナーが良質な肉のルートを持っていることから、コスパ抜群の価格でお料理を楽しんでいただけますよ!

テーブルを盛り上げてくれるパフォーマンスも。TASSOでしか味わえないA5仙台牛を使った「仙台牛の昆布締め(980円)」

お店自慢のオリジナルメニュー「仙台牛の昆布締め(980円)」

お皿の見た目はまさしくカルパッチョ。
さすが最高A5ランクの仙台牛、見た目も赤身と脂身のバランスが良く、きめ細やかな美しさです。
「これから最後の仕上げがあります」とテーブルの上で肉を炙ってくれます。
目の前で炙られる臨場感もご馳走のひとつです。

炙ることによって、肉本来の旨みや脂身の甘さが一層引き出されます。

期待が高まったところで、添えられた山葵とオリジナルの出汁醤油をつけていただきます。
仙台牛の特徴であるとろけるような口当たりに続いて、旨みと脂身の甘さが口中にフワァーッと広がっていきます。
さらに昆布のうまみ成分が味に奥行きを重ねます。

目の前で炙ってくれているところ。テーブルパフォーマンスもご馳走のひとつです。
炙ることによって、肉の旨みや脂の甘さがより一層引き出されます。

来店したら必ず食べたいTASSO名物の仙台牛とアグー豚のグリル

TASSO看板の高級食肉「仙台牛」と「アグー豚」を一度に両方味わえる「TASSOグリル牛と豚(各1種の計2種で1,980円〜)」は、牛と豚が部位ごとに100グラムからいただけるお得なグリルの盛り合わせです。
もちろん「牛だけを食べたい」「豚だけがいい」というカスタマイズな注文も受けてもらえます。

最高級の牛肉とうまみ成分たっぷりの豚肉の盛り合わせが200グラムで1,980円からいただけるコスパの良さには本当に驚きです。
オーナーが長年培ってきた肉卸業者とのつながりで叶えることができた「食べないと損をする?!TASSO名物」です。

本日の部位は、仙台牛2種がモモ肉とイチボ、アグー豚2種はモモ肉とバラ肉の酒粕漬けでした。
4種の肉に共通するのは、舌にしばらく余韻が続くくらい肉の旨みが濃厚、一方で甘みのある良質な脂身なので後味がさっぱりしているということ。

大きめにカットされたザワークラフトにお肉と相性の良いクレソン、オリジナルソース、岩塩、山葵と出汁醤油、おろしポン酢が添えられてきます。
お肉はそのまま食べても、タレの食べ比べも楽しいですね。

オリジナルソース以外におろしポン酢、わさび醤油、岩塩。食べ比べできるのも嬉しいです。

「外側はカリッ、中はしっとり」がおいしいお肉の焼き方と青木オーナー。

「海の宝石箱、いや宝石の山やぁ〜!」お肉以外も外せない?!見た目もボリュームもテンション上がりっぱなし

「イクラとしらすのペペロンチーノ(980円)」は一皿を2〜3人でシェアできる大人気メニューです。イクラとしらすの量もパスタのボリュームに負けない気前の良さ、さらにトビッコがトッピング。


シェアしてもイクラやしらすの取り合いをしなくていいんです(笑)
たっぷりのイクラとしらす、トビッコのプチプチ感がアクセントになり、にんにくと唐辛子のパンチが合間って食欲をそそる、豪華な食材と価格がアンバランスのコスパ度外視な一皿でした。

設楽焼きの狸と「肉」と書いた看板が目印

「肉」と書かれた看板を目印にお店まで到着すると、愛らしい設楽焼きの狸がお出迎え、そしてドアにもかわいらしい狸のイラストが。TASSOってイタリア語で「狸」を意味するんです。

店名の由来、実はお店の立ち上げメンバーの方が狸に似ているなぁとオーナーがぼんやりと考えていたことと、競合店より群を抜く意味も込めた「狸=他抜き」、イタリア語で「TASSO」になりました。

普段は明るくて大らかな青木オーナー、スタッフの皆さんとの間には終始笑いが絶えない雰囲気の良さが印象的でもありました。

肉への熱い情熱を持つ青木オーナーの肉バルTASSOで肉本来のおいしさを一度味わってみませんか。

お店の外観。

設楽焼きのかわいい狸がお店の前で出迎えてくれます。

入口のドアも狸。

1階の雰囲気。壁にはかわいい牛の部位がイラストで描かれています。

ワインセラーも。飲み物はワイン以外にもウイスキーやカクテル、サワー、ビールと充実しています。

カジュアルシックでまとめられた店内は女子会、デートにも。テーブルの色が素敵!
落ち着いた個室は8名まで。20名から貸切もできます。

取材日:2019.02.19

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/08/19 18:40:28

アイコン選択
メッセージ(12文字)