人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

ファクトリーシン三宮本店

人気のカラフルでキュートなスウィートカップケーキをはじめ、数々の美しいスイーツを心を込めて(兵庫 三宮 ファクトリーシン三宮本店)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

ファクトリーシン三宮本店

電話番号
078-272-6111
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
兵庫県 神戸市 中央区小野柄通6-1-9 [ MAP ]
最寄り駅
全線三宮駅
営業時間
10:00~20:00(LO19:30)
定休日
12/31,1/1
座席数
27席
平均予算
800円~1,200円
求人情報
-

JR三宮から南へ歩く事、3分ほど。
小野柄通り沿いに全面ガラス張りのお洒落なお店が見えたら、そこがファクトリーシンです。

2002年のオープン以来、スタイリッシュモダンな店内で、様々な世代の方にスイーツを作って来たファクトリーシン。
アートディレクターである松井桂三氏と新たにコラボレーションをし、新しいコンセプトが生まれました。

やすらぎと豊かな時間をもたらす「森」をテーマに、店内の装いも、スイーツも、これから少しずつ変わっていきます。
そんな進化途中のファクトリーシンさんへ、伺いました。

スウィートカップケーキ

4年前からラインナップに加わったカラフルでキュートなスウィートカップケーキは、今ではファクトリーシンの看板商品のひとつです。

沢山ある焼き菓子の中でも、大人気のこのスウィートカップケーキは、ルックスの可愛さだけではなく、味も美味しいと評判!

素材の持ち味を生かして、本来の味を壊さないように、丁寧に作っています。
上にかけられたチョコレートのコーディングのパリッとした食感と、風味豊かなカップケーキのスポンジのハーモニーがとても美味しいスイーツです。

Shinのチョコレートケーキ

ピタゴラス(420円 税別)

ピタゴラスと名付けられたファクトリーシンの正三角形のチョコレートケーキ。
周りには濃厚なチョコレートのコーティングがされ、カカオの優しい苦みを感じるショコラクリームと、 しっとりとした蒸し焼きのショコラスポンジが何層にも重ねられています。

見た目のどっしりとした印象と全体的に甘さ控えめでしっとりとしたスポンジが印象的!
酸味のあるベリー系のドリンクにもよく合います。

季節限定の苺のモンブラン

苺のモンブラン(420円 税別)

ファクトリーシンのモンブランは、甘さ控えめのきめ細かな白餡ベースに、苺のピューレを混ぜ合わせた苺餡が絞られています。

中には、生クリームとスポンジが詰まっていて、洋菓子と和菓子の間のような仕上がり。
白餡と苺の組み合わせが、日本の春の訪れを感じます。
紅茶はもちろんですが、グリーンティーとのペアリングもおすすめ。

パッケージデザイン

ファクトリーシンのパッケージは、見ているだけでも楽しくなれるデザイン。
こんなに素敵なデザインなら、贈答用にもぴったりです。きっと先様にも嬉しく思ってもらえるはずです。

目移りするショーケースの中のスイーツ達

SOGO神戸店近くにあるファクトリーシン三宮本店では、お買い物がてらゆっくりと時間を過ごすお客様も多く、近隣デパートの紙袋を持って幸せそうな表情でケーキを選ぶ姿が目に留まります。

スタイリッシュモダンな店内

27席ある広々とした店内には、あちこちにガラス製の家具が配置され、開放感は抜群。
ショートケーキの形や、Shinの”S”の形の椅子もあるので、探してみてください。

まるでテラスルームで過ごしているよう。
もちろん店内なので、寒い日は暖かく、暑い日も涼やかに、街を歩く人やグリーンを眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすことが来ます。

店名に込められた想い

店名にある”Shin”は、「心」や、真実の「真」、親切の「親」など、真心に通じる言葉の響きから名付けられました。

その背景には、「真心を込めたおもてなし」を、との想いが込められています。

心を込めたおもてなしをするために、スタッフはホスピタリティーにこだわり、本当にここで買ってよかったなと思ってもらえるような、人と人とのつながりを大切にしています。

取材日:2019.02.28

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/08/26 14:37:26

アイコン選択
メッセージ(12文字)