人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

北野坂にしむら珈琲店

今日は映画の登場人物になって、「にしむら」の特別な珈琲と、ウィーンのスイーツを(兵庫 三宮 神戸しにしむら珈琲店 北野坂店)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

北野坂にしむら珈琲店

電話番号
078-242-2467
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
兵庫県 神戸市 中央区山本通2-1-20 [ MAP ]
最寄り駅
JR・阪急阪神・市営地下鉄 三宮
営業時間
10:00~22:00
定休日
なし
座席数
30席
平均予算
900円~3,300円
求人情報
-

※記事中の価格は取材当時の価格です。

JR三宮から北へ10分ほど歩いて北野坂を上っていくと、神戸北野異人館の手前に、上海の英国風洋館をモチーフにした異国情緒漂うにしむら珈琲店北野坂店が見つかります。

「にしむら」は、1974年に日本初の特別な会員制喫茶店として、日本で初めてストレートコーヒー、カプチーノ、コーヒーゼリーなどを提案したお店。
その後、1995年の阪神大震災を期に、一般の方にも開放されました。

坂からほんの数段の階段を上ると居心地良さそうなウェルカムガーデンがあります。
キーッと音を鳴らして玄関のドアを開けると、昔の映画館の切符売り場のようなカウンターがあり、入った瞬間から、にしむら珈琲店の物語の登場人物の一人になったような気分になります。

今日いただいた「にしむら」のスイーツは、オーストリア風クレープのパラチンケをミルクレープ風に仕立てた「パラチンケシュニッテン」

ドイツ語で重ねるという意味を持つこのケーキは、一見するとミルクレープ。
しかし、クレープ生地だけでなく、ホワイトチョコが加えられしっとりとしたスポンジ層、そしてそこに、ミルキーなカスタードベースのクリームの層が重ねられています。
スポンジ層がある分、ミルクレープよりもふわふわで、フォークがスッと入ります。
全体的に甘さは少し控えめで、色とりどりの季節のフルーツの酸味と合わさり、コーヒーとの相性が抜群です。

西村のコーヒー

「にしむら」のコーヒーは、その年に採れた一番最上級の豆5種類(ジャヴァ・グゥアテマラ・サントス・モカ・コロンビア・ジャマイカ)を、1年から2年間エイジングをかけて出されています。
まとめて豆を混ぜて一気に焙煎するのではなく、個別焙煎と言って、それぞれの豆によって、最適な焙煎具合がを「にしむら」では、追及しています。

西村で購入したコーヒー豆の袋が膨らんでいることがあります。
それは、西村の焙煎豆が生きている証。
「焙煎することによって豆からガスが出ている」ため。

袋にガス抜きの穴を開けているお店もありますが、ガスにも香りや旨味が含まれているので、にしむらではそのままにしています。

にしむらの職人気質な珈琲豆への愛情をひしひしと感じました。

アンティークの間接照明と柔らかな日差し

入り口のドアを開けて右手のドアを開けると、そこには趣のあるグリーンの絨毯が敷き詰められ、まるでこの館の中だけ、違う時間軸が進んでいるようです。

席に着き、テーブルにホットの”ブレンド”が運ばれてくると、その香りに気が付きます。強いコーヒーのアロマのように、本当に、芳香が強いのです。

ブレンドの強い芳香に酔いしれながらカップを傾けると、奥深い香りや旨味と共に、酸味を感じます。

どこを切り取っても、映画の中に迷い込んだよう。

入り口を入ってすぐ目の前にあるカウンターでは、ブレンド100g 650円からで、豆だけ買って帰ることも出来ます。
ドリップバッグもあるので、気軽に楽しみたい方はそちらもおすすめ。

2階へ上がると、明るい日差しが差し込み、1階とはまた違った雰囲気が楽しめます。
2階は、1階が混雑時、もしくは、レストランとしての利用することが出来ます。

重厚な店構えから敷居が高いと思われがちですが、コースだけでなく、フレンチカジュアルなランチや、ディナーをアラカルトで味わうこともできます。

夜になると、また少し違う雰囲気が楽しめます。

北野の坂の上に建つ「にしむらの」洋館で、特別な時間を過ごしてみませんか?

取材日:2019.02.28

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/12/13 02:20:04

アイコン選択
メッセージ(12文字)