人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

定食屋 ななつぼし

北海道美瑛産のお米「ななつぼし」のごはんで10種類の定食を食べよう!メインのおかずに小鉢5品とお味噌汁の豪華ぶりにも注目です(東京 日本橋 定食屋ななつぼし)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

定食屋 ななつぼし

電話番号
03-6262-7723
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
東京都 中央区 八重洲1-4-3 [ MAP ]
最寄り駅
JR 東京駅、地下鉄各線 日本橋駅
営業時間
ランチ:11:00~14:30 ディナー:17:30~21:30
定休日
日曜・祝祭日
座席数
20席
平均予算
昼:1,100円~1,300円 夜:1,100円~1,300円
求人情報
-

JR東京駅八重洲北口より徒歩3分、地下鉄日本橋駅からもほど近い、オフィス街の閑静な通りに佇む「定食屋 ななつぼし」。

店名にもなっている北海道美瑛産のお米「ななつぼし」を使用し、「体がホッとする定食」がいただけるということで、2019年1月10日のオープン以来、癒しを求めるお客さんが後を絶ちません。

大ぶりのアジフライが3枚も!ボリュームも味も大満足。

「定食屋 ななつぼし」の定食メニューは、全部で10種類と豊富です。

さらにどのメニューにも、メイン料理に加えて、美味しいお米と具だくさんのお味噌汁、こだわりの小鉢が5品もつきます。

どのメニューにしようか悩んだら、1番人気の「境港産アジフライ(1,200円)」はいかがでしょう。

大ぶりのアジフライが、なんとお皿にどーんと3枚も乗っています!

こちらのアジフライは、粗目のパン粉を使用し、衣はサックサクの仕上がり。
鳥取の境港で水揚げされ、その場で処理したものを直送しているアジは身が分厚く、サイズも大きめです。

1口かぶりつくと、サクサクの衣の中から、フワフワの身が!
レモンを絞ってさっぱりいただくもよし、ソースをつけてご飯も一緒にかきこむもよし、3枚もあるので色々な楽しみ方をしてみたくなってしまいます。

アジフライの美味しさの秘密は、素材だけにとどまりません。

フライヤーも、『ドクターフライ』という微弱な電気が油に流れる特殊なものを使用。
この微弱な電流により、カラッとヘルシーに仕上がるのです。

こだわりの厳選食材をが、お盆の上にズラリ。

「定食屋 ななつぼし」の料理は、メインだけでなく、ご飯やお味噌汁、小鉢にもこだわりが詰まっています。

ご飯は、お米の食味ランキングで8年連続「特Aランク」を取り続けている『ななつぼし』を採用。
特に『ななつぼし』は、お米の中でもあっさりとした味わいで、冷めても美味しくいただけるのが特徴。
おかずと一緒に食べるのにマッチしています。

更に、店内には精米機があります。「毎日精米したてのお米を釜で炊き上げる」こだわりっぷりです。

お味噌汁も、東京日本橋のかつお節専門店『にんべん』の出汁パックで出汁をとり、さらに追いがつおをして旨味を凝縮。
この追いがつおに使用するかつお節も、店内の電動かつお節削り器で削りたてのものを使用しています。
通常は0.03mmに設定される厚さを0.01mmに設定することで繊細な味を出し、白みそを多めに合わせたオリジナルのお味噌にマッチする優しい味に仕上げています。

そしてこの日は、「お揚げ・わかめ・大根・水菜・こんにゃく」がたっぷり入ったお味噌汁をいただきましたが、具の種類もさることながら、お椀にずっしりと入った具の量も嬉しいです。

イチオシメニューにも注目!

その他の定食メニューにも、ぜひ注目してください。

2番人気は「鹿児島黒豚の炭火生姜焼き(1,200円)」。
注文後に、店内で1枚1枚丁寧に炭火で焼き上げる生姜焼きは、柔らかくジューシーでとっても美味しいです!

そして筆者のイチオシは「サバの味噌煮 赤(1,200円)」。
西京味噌を使った「サバの味噌煮 白(1,200円)」も魅力的ですが、こちらの「赤」もオススメです。

その秘密は、隠し味に使われている、ある飲み物。
一見「辛いのかな?」と思うくらい真っ赤な煮汁の正体は、なんとトマトジュースの赤みだったのです!

仙台味噌とトマトジュースの相性が、こんなに良いなんて驚きです。
「かなり多めにトマトジュースを入れています」とメニュー開発担当の川合さん。
トマトの主張が強すぎることなく、程よい酸味とコクを生み出し、絶妙な味のバランスをとっていました。

体も心も居心地の良い、爽やかな空間。

カウンター20席のこじんまりとした店内は、明るく爽やかで心地よい空間です。
こじんまりながらも、座り心地にこだわった椅子や、開放感のあるオープンキッチンで、窮屈さは全く感じませんでした。

ランチはもちろん、仕事帰りや出張帰りに、美味しいごはんの定食でホッしたいときに、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

取材日:2019.03.04


※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/06/17 07:35:18

アイコン選択
メッセージ(12文字)