人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

おばんざい はるちゃん

家庭料理が心にしみる…第二の実家にしたくなるお惣菜居酒屋(愛知 名古屋 おばんざい はるちゃん)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

おばんざい はるちゃん

電話番号
052-733-7733
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
愛知県 名古屋市 千種区内山3-22-9 細谷ビル 1F [ MAP ]
最寄り駅
千種駅
営業時間
月曜〜金曜 17:00〜23:00 土曜 16:00〜22:00
定休日
日曜日・祝日
座席数
14席
平均予算
1,500円~5,000円
求人情報
-

千種駅(JR東海 中央本線)から徒歩1分、細谷ビル 1階にある『おばんざい はるちゃん』。

今日も温かく迎えてくれるのは「はるちゃん」こと若瀬さんと、腕によりをかけた家庭料理の数々。
第二の実家にしたくなる、じんわりと心にしみてくるお惣菜居酒屋です。

家庭を思い出させるお料理の数々

『おばんざい はるちゃん』でいただけるのは家庭料理です。

まるで実家のお母さんのように、お客さんの健康も考えた野菜たっぷりの料理の数々。
もちろん、がっつりといただけるお肉料理や揚げ物などもあります。

『おばんざい はるちゃん』は、まず「2種類のお通し」が出てきます。
お通しをつまみにビールを1杯飲みながら、何を食べようか考えるのが定番の流れです。

本日のおばんざい 1品480円〜580円(税別)

メインはやはり「本日のおばんざい」。

カウンターには本日のおばんざいが大皿で5〜6皿並べられています。
おばんざいの内容はほとんどの種類が毎日変更されるので、今日何があるかはお楽しみ。

あとはお好きな料理を、お好きな種類だけ取り分けてもらうだけです。

「来店前にどうしても知りたい!」という方には、『おばんざい はるちゃん』の公式フェイスブックにその日のメニューが毎日投稿されているのでチェックしてみてくださいね。

2種盛り 580円(税別) 3種盛り 780円 (税別)

いろんな種類を楽しみたいときは「2種盛り」や「3種盛り」がお得。

本日のおばんざいからお好きな2種類、3種類を選べる組み合わせ自由なメニューになります。
お通しのあとのおつまみに、晩御飯のおかずにもぴったりです。

「ついたくさん盛ってしまいます」と若瀬さん。

2種盛り、3種盛りだけでも十分に満足できるボリュームです。

赤ウィンナー 380円(税別)  明宝ハム焼き 480円(税別)

本日のおばんざいの他にも、『おばんざい はるちゃん』には様々なメニューが。

例えば、お弁当の定番「赤ウィンナー」はタコさん型にカット。
お父さんたちの心にも響くようで人気メニューのひとつです。

「ハムエッグ」や「ポテトサラダ」などもあり実家に帰ったような気分にさせてくれます。

ばっかん情ケ島 1杯500円(税別)

お惣菜居酒屋なだけにビールから日本酒、米焼酎など酒類の種類も豊富にあります。

中でもぜひ試してもらいたいのが麦焼酎「ばっかん情ケ島」。東京都の八丈島で作られています。
ちなみに、「ばっかん情ケ島」を含め、一部の酒類はボトルキープもできますよ。

「こんなん作ってよ」にも対応可能

おばんざいメニューを毎日考えているだけに、若瀬さんの引き出しの数は驚くほど。

もし食べてみたい料理があれば「こういうものを作ってよ」と伝えておくだけ。
たとえ地域ならではの郷土料理でもできる範囲で対応できます。

これほどまで柔軟に対応するのは、単身赴任や出張中のお客さんも多いため。
実家に帰れないからこそ、第二の実家として過ごしてもらいたいという思いがあるためです。

初来店でも「おかえり〜」が定番

『おばんざい はるちゃん』では初来店でも「おかえり〜」で迎えるのが定番。
お客さんによっては「ただいま〜」と返してくれることもあります。

中には、若瀬さんに会いたくて、また料理が食べたくて出張先に向かう途中で下車してまで立ち寄る方もいるほど。それほどまでに居心地のいい空間なのです。

「気軽にお越しください」と若瀬さん。

名古屋を訪れたときはもちろん、とくに用事がなかったとしても、若瀬さんの手料理を食べに立ち寄って、いや『おばんざい はるちゃん』に帰ってきてはいかがでしょうか?

取材日:2019.03.06

※写真は全てお店からの提供画像です。
※本記事は、電話取材によるものです。

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/06/17 07:52:45

アイコン選択
メッセージ(12文字)