人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

オーガニック食堂 Engi

野菜とメインを自分好みに選べる「オーダーメイドプレートランチ」が大人気!野菜の美味しさを再発見できるオーガニックビストロ(名古屋 八事 オーガニック食堂Engi)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

オーガニック食堂 Engi

電話番号
052-853-9101
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
愛知県 名古屋市 天白区八事天道811 [ MAP ]
最寄り駅
地下鉄鶴舞線 八事駅 徒歩5分
営業時間
ランチ 11:00~15:00 ディナー 17:30~23:00
定休日
月曜日
座席数
24席
平均予算
昼 1000~2000 夜 3000~4000
求人情報
-

※記事中の価格は取材当時の価格です。

名古屋市営地下鉄「八事」駅から徒歩5分のところに、レンガが積み上げられたかわいい外壁が一際目を引く「オーガニック食堂 Engi」があります。

「野菜が美味しい!」と評判のお店です。

組み合わせは自由。自分だけのオリジナルプレート

「ワンプレートランチ」1,500円(税別)
ドリンクバー(コーヒー、紅茶、ウーロン茶、有機ジュース)300円(税別)

「オーガニック食堂 Engi」は、メニュー表を見て食材をオーダーするスタイル。

有機野菜は12~13種類から3つ、メインは鶏肉、豚肉、魚など6種類から1つを選びます。

鶏肉は、地元愛知県産の「錦爽どり」を使用。

澄んだ水に恵まれた自然豊かな環境で平飼いされた鶏は、肉質が柔らかく、適度な歯ごたえがあるのが特徴です。

ほどよい塩味の効いた厚みのあるお肉に、さっぱりしたトマトソースをたっぷり絡めていただきます。

トマトの酸味と少しの塩味が口の中で絡み合う、最高の組み合わせです。

丸ごとアルミホイルでくるみ、オーブンで1時間~2時間火を通すことで甘みを増したニンジンは、すーっとナイフが入る柔らかさ。

皮ごとローストしたタマネギも、甘くとろとろです。
スパイシーなカレーパウダーが、タマネギの甘味をさらに引き立てています。

甘みの中にかすかな苦みを感じるビーツ、シャキシャキと新鮮なグリーンサラダ、大きくコリコリとした歯ごたえを感じるオクラ。

ドレッシングは少なめなので、野菜本来の味わいを楽しむことができます。

濃厚な旨味がギュッと詰まった「トウモロコシの冷製スープ」は、スプラウトがアクセントです。

食べた瞬間バターの香りが口いっぱいに広がる、自家製の「キッシュ」

中にはごろごろのベーコンと、とろとろの甘いネギが入っています。
タルト部分もサクサク!

食材の素材の味を生かし、丁寧に調理される「ワンプレートランチ」

お客さんが食材を選ぶシステムは、「食品ロスをなくしたい!」というシェフ、田代さんの強い思いから生まれました。

夜は美味しいワインにあう一品料理を

「サワラのクリーム煮」

ネギの出汁とクリームを合わせたクリームソースが、さっぱりとした味わいのサワラによく絡みます。
まろやかな味わいはワインにもぴったり。

魚や野菜はその時々の旬のものを使うため、味付けも変わります。

「焼き野菜盛り合わせバーニャカウダーソース」

シンプルに調理した野菜を、自家製のバーニャカウダでいただく一品。

野菜はそれぞれにあう方法で調理されるので、種類によって「蒸す、焼く、煮る、揚げる、生のまま」の味わいを楽しめます。

野菜の美味しさを知り尽くした、「オーガニック食堂 Engi」オリジナルの盛り合わせです。

今回お皿に乗っていたのは、ニンジン、パプリカ、レンコン、オクラ、ナス、マッシュルーム、かぼちゃ、赤カブ、里芋、万願寺唐辛子、タマネギ、ルッコラ、ジャガイモと、なんとこの一皿で13種類!

ソースにはアンチョビの風味がしっかり効いています。

里芋は揚げたてで、外はからっと、中はホクホク!
生マッシュルームの風味は、ソースにぴったりです。

この他、選べる野菜スープ、アヒージョなど野菜中心の一品料理も多数あります。

昼も夜もオーダーできる、お野菜たっぷりのお子様メニューもありますよ。

「オーガニック食堂 Engi」には、ワインも豊富に揃います。

「この料理にはどのワイン?」と迷ったら、ぜひソムリエの前田さんに相談してみてくださいね。

生産者の顔が見える野菜

「オーガニック食堂 Engi」は「ストレスの少ない、自然に近い育ち方をしている食材」にこだわっていて、「口に入れるものはすべて安心安全」がモットー。

野菜は、伏見の「マイファーマー」、三重県の「八風農園」、愛西市の「愛菜農家」などから仕入れています。

店内にも掲示がありますが、野菜は生産者の顔が見えるものがほとんど。
そして、その野菜の味を最大限に生かしたシンプルな方法で調理しています。

野菜の美味しさを再発見できる場所

木のぬくもりを生かした店内。
昼は大きな窓から差し込む自然光で明るく、夜は落ち着いた雰囲気で楽しめます。

外のテラス席はペット連れもOKです!

「来ていただいたすべての人に健康で美味しくお野菜を食べてほしい」というシェフ、田代さんの想いがたっぷり詰まった「オーガニック食堂Engi」

野菜の美味しさを再発見できるこの場所に、ぜひ一度足を運んでみてください。

取材日:2019.09.19

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/11/14 04:54:01

アイコン選択
メッセージ(12文字)