人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

3104丁目

だしソムリエが巧みの技で創り出す!琥珀色に輝く魚介だしベースの絶品「特製しょうゆラーメン」(大阪 高槻 3104丁目) 

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

3104丁目

電話番号
072-661-3104
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
大阪府 高槻市 城北町1-9-11 湯浅ビル102 [ MAP ]
最寄り駅
阪急高槻市
営業時間
11:00~14:30/17:00~21:00
定休日
不定休
座席数
10席
平均予算
昼:900~1,000円/夜:900~1,000円
求人情報
-

※記事中の価格は取材当時の価格です。

JR「高槻駅」から徒歩7分、阪急「高槻市駅」から徒歩3分の所にある「3104丁目(サンゼンヒャクヨンチョウメ)」は、魚介だしにこだわった本格派ラーメン店。

だしソムリエのオーナーが作る、だしの魅力を巧みに引き出した魚介ラーメンを味わえるお店です。

旨みの結晶“魚介だし”を活かすためのしょうゆ味と塩味

(※写真はお店からの提供画像です)
「特製しょうゆラーメン」1,050円(税込)

「3104丁目」のメニューは、しょうゆ味と塩味の2種。
しょうゆラーメンは3種のしょうゆをブレンドして作ります。

しょうゆの味わいは、主原料(大豆か小麦)や製法でかなり変わるため、それぞれの特性を引き出しつつ、お互いの素材の角が丸くなるような独自の配合で、口当たりまろやかに仕上げています。

自慢の具材を一度に味わえる「特製しょうゆラーメン」は、「3104丁目」のイチオシ!
具材と麺、スープの味わいが一体となった一杯です。

(※写真はお店からの提供画像です)
「塩ラーメン」850円(税込)

塩ラーメンで注力しているのも、味わいのまろやかさ。
みじん切りの玉ねぎが、スープの旨みをさらに引き立てています。

水菜のシャキッとした瑞々しい食感と塩味が絶妙です。

琥珀色に輝く魚介だしの魅力

魚介メインのだしに合わせるのは、鶏ガラと豚背骨と根菜を8時間炊き込み、濾しただし。
骨の髄からにじみ出る旨みが、魚介の澄んだ味わいに深みを持たせます。

煮干し、カツオ、サバ、ソウダガツオなど、仕入れ時期による微妙な風味の違いを見極めながら、最後に昆布を加えて丁寧に仕上げます。

琥珀色に輝くだし汁の、雑味の無い澄んだ味わいが見た目からも伝わってきます。

魚介だしの味わいを引き出すため厳選した麺

(※写真はお店からの提供画像です)

硬さ、のど越し、スープの絡み具合など、魚介だしとの一体感を表現できる麺を探し求め、「これ」と納得のいくものを厳選。
ラーメン用とつけ麺用で麺を変え、それぞれベストな味わいが引き出せるようにしています。

ラーメン用には、なめらかでもちっとした食感と玉子の風味が特徴の中細ストレート麺を使用。
スープが絡みやすく、ラーメン全体の一体感を作り出しやすい麺です。

つけ麺用には、玉子を使わず小麦の風味を活かした中太ストレート麺を使用。
麺の食感も楽しめるよう、ラーメン用よりも弾力があります。

だしのしみ込んだ大ぶりチャーシュー2種

(※写真はお店からの提供画像です)

「3104丁目」のラーメンには、豚バラ肉と鶏ムネ肉の2種類のチャーシューが入ります。
分厚く存在感のある豚バラチャーシューは、箸で持ち上げると簡単に身がほどける繊細な柔らかさ。

チャーシューの表面を軽く炙り、香りを高め、脂身をほんのり溶かしてから麺の上へ。
口に入れると、魚介だしの香りと豚肉の旨みがジューシーな食感と一緒に広がります。

鶏ムネチャーシューは、ゆっくりと熱を通す低温調理で、しっとりした食感に。
キメの細かいお肉がラーメンのスープを吸い、だしとお肉の旨味が一体となっています。

トロっと濃コクな半熟味玉

(※写真はお店からの提供画像です)
「味玉」100円(税込)

濃厚な卵黄の旨みと、漬けダレのしみ込んだ卵白の落ち着いた旨みがたまりません。

名脇役!味わいを深める2種のねぎと自家製メンマ

しょうゆラーメンには2種のねぎを使用。

青ねぎは香りと彩りを、白ねぎはシャキッとした食感と辛みのアクセントを作ります。
大ぶりの自家製メンマは、噛み切りやすいソフトな食感。

単品オーダー「メンマ」200円(税込)で、増量することもできます。

数滴のレモン酢で驚くほど味わいが変化

テーブルの上に並べられている「レモン酢」をラーメンに数滴たらし入れると、のど越しと後味が大きく変わります。
同じ器で、違うラーメンを食べているような体験ができますよ!

角切りチャーシューがゴロゴロ「焼チャーシュー丼」

(※写真はお店からの提供画像です)
「焼チャーシュー丼」330円(税込)

看板の「だし」同様、美味しいと評判のチャーシューをたっぷり乗せた「焼チャーシュー丼」も人気メニューです。

「鶏のづけ丼」はラーメンのスープで

(※写真はお店からの提供画像です)
「鶏のづけ丼」330円(税込)

香味野菜の白髪ねぎと低温調理でしっとり仕上げた鶏ムネ肉の丼。
魚介だしの効いたラーメンスープを途中からかけて、食感と味わいの変化を楽しむのもオススメです。

オープンキッチンから見える麺さばき

(※写真はお店からの提供画像です)

海を連想させる青いタイルが印象的な、L字型カウンターのオープンキッチン。
オシャレで統一感のあるPOPや、メニュー表はオーナーの奥様の手作りです。

ラーメンの「おいしさ」の根源、「だし」を追求する情熱

(※写真はお店からの提供画像です)

オーナーの大鸖さんは、以前働いていたお店でラーメンの美味しさにのめり込み、探求を重ね、独立開業した情熱の持ち主。
「何度も食べたはずなのに、どうしてもまた食べたくなる。そういうラーメンが作りたい」と大鸖さんは語ります。

スッとおだやかに出される一杯のラーメンには、にごりのないまっすぐなラーメンスピリットが込められています。

だしソムリエが作るこだわりのラーメンを味わいに、ぜひ「3104丁目」に足を運んでみてください!

取材日:2019.11.26

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2020/08/15 19:27:47

アイコン選択
メッセージ(12文字)