人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

和ダイニング おとぎ

寿司職人歴25年の店主が握る絶品寿司!地元食材をふんだんに味わえる和食ダイニング(兵庫 加古川 和ダイニング おとぎ)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

和ダイニング おとぎ

電話番号
079-440-3573
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
兵庫県 加古川市 神野町石守1504-1 [ MAP ]
最寄り駅
日岡駅から車で約7分
営業時間
ランチ:11:30~14:30 ディナー:17:30~21:30
定休日
火曜日
座席数
64席
平均予算
昼:1,000円 夜:2,000円~3,000円
求人情報
掲載あり

※記事中の価格は取材当時の価格です。

JR日岡駅より車を走らせて約7分のところに「和ダイニングおとぎ」はあります。
25年間寿司を握り続けた店主が丁寧に作る、旬の地元食材を活かした和食に出会えるお店です。

食材は37種以上。「美味しいものが食べたい!」を集めた「おとぎ御膳」

ランチメニューの「おとぎ御膳」1,480円(税別)、夜メニューの「おとぎ御膳」2,000円(税別)

昼夜、老若男女、個人団体問わず一番人気のメニューは、店名入りの「おとぎ御膳」
天ぷら、お造り、お寿司、ステーキ、魚の煮付け、茶碗蒸しなどの全11皿を味わえる御膳です。

一品一品に、旬の食材の味わいを活かすための丁寧な技が施されています。

和食の花形「お造り」に見える包丁さばき

3~4種がのる「お造り」には、25年間寿司店で鮮魚を扱ってきた店主の技が光ります。

切り身の断面が舌にのせた時の食感や味わいを大きく左右するため、身の方向や柔らかさなどを見極めながら、丁寧に切り分けていきます。

天ぷらの「サクッと感」は油の徹底管理にあり

天ぷらには、大ぶりなエビ、カボチャやしし唐など地元の新鮮な野菜を使用。その美味しさは、素材の良さはもちろんですが、揚げる油の状態でも変わります。

口に入れた瞬間のサクッと感や、スッと整った後味をつくるためのキーポイントは、油のキレの良し悪し。
美味しい天ぷらに仕上げるため、油の状態には常に細心の注意を払います。

だしの効いた天つゆと、衣のサクッと感をより味わえる岩塩でどうぞ。

火を止めるタイミングは、長年の感で見極める

煮付け用に使う魚は、その時々の旬のものを厳選。店主自ら市場へ行き、納得のいくものを探します。長年交流のある業者さんから、おすすめの魚を届けてもらうことも。

魚は、その種類ごとに下処理や煮付けの時間を柔軟に変えます。また、同じ魚であっても、時季や大きさによって仕上げを変え、お客様が口に入れた瞬間に一番おいしい状態になるよう火加減や味加減を調節します。
※「おとぎ御前」には、天ぷらと魚の煮付けのどちらか1品が付きます

こだわりの海苔で巻く「イクラ巻き」

イクラがこぼれ落ちる「イクラ巻き」
お寿司には有明の高級海苔を使用しています。

上質な海苔で巻いた細巻きは、鉄火450円(税別)、エビ天800円(税別)、いくらサーモン800円(税別)、納豆250円(税別)、ツナサラダ300円(税別)など単品でも注文できます。

玉子料理は食感の違いを堪能

お店自慢の「茶碗蒸し」は、とろとろ食感がたまらない一品です。
器の底にある鶏ムネ肉も絶品!

「だし巻き玉子」は、薬味の青ネギがアクセント。カツオと昆布で取っただしの香りと旨みが、玉子に溶け込んでいます。

茶碗蒸しとだし巻き玉子。
玉子料理の食感の違いを堪能できるのも、「おとぎ御膳」ならではのお楽しみのひとつです。

存在感ばっちり!上質な和牛ステーキ

お魚料理が多く並ぶ御膳の中にある、上質な「和牛ステーキ」
コクと甘みを含んだ存在感ある和牛の味わいが、御膳全体のバランスを取ります。

地元 加古川産のお米を使用

「地元の食材を多く使うお料理には、やはり地元のお米が一番合う」ということで、「おとぎ」では加古川産の米を使用。もっちりしていて、噛むほどにお米の持つ旨みを感じます。

ランチタイムはお替り自由です。

お味噌汁の具は、お豆腐、油揚げ、かぶら。
地場野菜と丁寧なだしの味わいが合わさった、ほっとする味わいです。

地場野菜を使った箸休め

新鮮な地場野菜をふんだんに使ったサラダは、瑞々しい食感と鮮やかな彩りを「おとぎ御膳」に加えます。

煮物にも地元の野菜を使用。きんぴら、かぶら、厚揚げの3品が笹の葉型の小皿に並びます。
かぶらの甘みは素材そのものの甘み。大根のお漬物も、ちょうどよい箸休めです。

感性と体に染み込んだ感覚で握るお寿司

「特上にぎり10貫」2,800円(税別)

口に入れると、すぐさまシャリが柔らかくほぐれます。

「お寿司はシャリが本当に難しい」と話す、25年の寿司職人経験を持つ店主、上野さん。
ご飯の炊き加減、酢の味加減、酢飯に仕上げるタイミングは、上野さんが寿司づくりにおいて最も気を遣っている部分です。

穴子にぎりには、上質な国産穴子を使用。ふっくらと厚みがあり、しっかりした身の味わいを感じます。
イカは明石産。市場で仕入れた新鮮なイカを、お店で皮むきしてネタに仕上げます。

この他、「上にぎり8貫」1,900円(税別)、「盛合わせ寿司」980円(税別)もあります。

2階は宴会のできる大広間

2階に広がるのは、30人がゆったりと座れる広々とした宴会用のお座敷。
テーブルには鍋用コンロが内蔵されているので、アツアツのお鍋を囲んだ宴会も楽しめます。

人に寄り添い、人にふれ合うためのお料理

店名の「おとぎ」は、「人が人を癒すために話の輪をつくる行為」という意味。
「人と人がつながるための輪を、お料理を通じて作りたい」という店主の想いが込められています。

趣ある日本建築に魅了されて開業

窓からの明るい日差しが差し込む店内は、清潔で趣深い雰囲気。随所に、実用美を兼ね備えた民芸品がさりげなく置かれています。

こちらは元々、地元の方から愛されるうどん屋でした。旧店主が引退するタイミングと、上野さんが開業するタイミングがちょうど重なり、この建物にほれ込んだ上野さんがそのまま引き継ぐことになったのです。

「きつねうどん」550円(税別)

旧店主の時代から地元の方に愛されてきた「うどん」は、今も「おとぎ」のメニューの中にあります。
きつね、牛すじ、鍋焼き、冷やしなど、種類も豊富。

「これからも、うどんだけは変わらずメニューに入れます」と話す上野さんからは、旧店主が築き上げた人のつながりや想いを大切にする心遣いを感じます。

「和ダイング おとぎ」は、絶品和食料理と、店主のあたたかなおもてなしが待つお店です。
ぜひお店の扉を開いてみてください!

取材日:2019.12.03

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2020/10/20 17:20:13

アイコン選択
メッセージ(12文字)