人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

博多ラーメン屋 一十

まろやかな「博多ラーメン」は2つの五右衛門釜を使用して作る豚骨スープが味の決め手。楽しい仕掛けがある限定「太宰府冷和拉麺」も見逃せない!(福岡 太宰府 博多ラーメン屋 一十 いっとう)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

博多ラーメン屋 一十

電話番号
092-929-0015
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
福岡県 太宰府市 朱雀6丁目5−17 [ MAP ]
最寄り駅
西鉄二日市駅/都府楼前駅
営業時間
[平日] 昼11:00~14:30(15:00) 夜17:00~20:30(21:00)  [土.日] 11:00~20:30(21:00)
定休日
火曜日
座席数
22席
平均予算
550円~1,000円
求人情報
-

※記事中の価格は取材当時の価格です。

ーーーーーーー
※2020年5月の営業時間は、ランチ営業のみとなります。
ーーーーーーー

福岡県太宰府市にある1997年創業の「博多ラーメン屋 一十(いっとう)」
お客様に愛され続ける昔ながらの味に、時代に合わせた変化を少しずつ加えてきた博多ラーメンのお店です。

2つの五右衛門釜を使用して手間暇かけた豚骨スープ

「博多ラーメン」550円(税込)

2つの五右衛門釜を使用して作る昔ながらの豚骨スープは、まろやかな仕上がり。豚骨の旨味がしっかり溶けだした、あっさりとしたスープです。

麺はストレートの中細麺で、量は多め。麺の硬さは選べますが、一番おいしい状態で提供する「おまかせ」が店主のおすすめです。

煮卵やチャーシュー、山かけなど、トッピングの種類も豊富。
替え玉150円(税込)、大盛り650円(税込)もあります。

ラーメンのお供に「炙りチャーシュー丼」「高菜チャーハン」

ラーメンとのお得なセットメニューは、Aセット「炙りチャーシュー丼」(ミニ)ラーメン代プラス250円(税込)、Bセット「高菜チャーハン」ラーメン代プラス300円(税込)、Cセット「餃子5つと中ごはん」ラーメン代+350円(税込)の3種類。

「炙りチャーシュー丼」(ミニ)

ラーメンに使うチャーシューを香ばしく炙り、甘めのタレに絡めたもの。肉の旨みと脂の旨み、甘めのタレが白ご飯と最高の組み合わせ!辛子がアクセントです。

「高菜チャーハン」

創業以来、同じ鉄鍋で作り続ける店主自慢の逸品。
たっぷり入ったシャキシャキ食感の高菜と、油でコーティングされたお米のバランスがよく、主役級の美味しさです。

新しい時代の幕開け!時代の移り変わりを感じる「太宰府冷和拉麺」

「太宰府冷和拉麺」1,000円(税込)

新元号「令和」ゆかりの地である「坂本八幡宮」からほど近いラーメン店、ということで誕生したのは、毎日5食限定の「太宰府冷和拉麺」
器は特別発注した小石原焼の器、麺は江崎製麺の「運命の赤い糸」を使用しています。

「食べた皆さんに幸せを」の願いを込めて、具は煮卵、チャーシュー、海苔、梅肉など末広がりの8種類。

スープは豚骨スープ、鶏がらスープ、魚介スープのトリプルスープ。
試行錯誤を重ね、こだわりにこだわり抜いた新時代に相応しい縁起のいい一杯です。

梅肉を溶かすと、スープのさっぱり感がアップ!8種類の具材をトッピングしていただきます。
にんにく、あご、鰯を漬けたオリジナルのお酢を加えるとまた違う美味しさに。一食で何度も変化する、美味しくて楽しいラーメンです。

食べ終える頃に思わずほっこりする驚きに出会えるのも、この「太宰府冷和拉麺」のお楽しみのひとつ!

4月~9月の期間限定、1日5食のみですが、10月以降から3月のみ電話での事前予約が必要です。

「五右衛門釜」

「羽釜」

お子様用の椅子と食器の用意もあります。

店内にはカウンター席とテーブル席があります。

オープン時間は前後する場合があり、また材料がなくなり次第終了となります。
土日のお昼は混雑しているため
ゆっくり食事を楽しみたい方は夜の時間帯がおすすめです。

「お客様との縁を繋ぐお店でありたい」

創業以来、積み重ねてきたこだわりが生み出した「博多ラーメン」と「太宰府冷和拉麺」をぜひ味わってください。

取材日:2019.01.16

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2020/10/22 18:30:37

アイコン選択
メッセージ(12文字)