人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

ダイナソージャングル

カフェ・スイーツ店中にアソビゴコロと笑顔が溢れるカジュアルカフェダイニング(京都 向日市 ダイナソージャングル)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

ダイナソージャングル

電話番号
075-757-9486
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
京都府 向日市 七ノ坪124モンレーヴ1F [ MAP ]
最寄り駅
阪急京都線 洛西口駅 徒歩5分 JR桂川駅 徒歩8分
営業時間
[火~日]11:00~23:00
定休日
月曜日
座席数
24席
平均予算
昼:1,000円 夜:3,000円
求人情報
-

阪急京都線「洛西口」駅から徒歩3分、イオンモール桂川のすぐ横にある新興住宅地。真新しい家やマンションが立ち並ぶ一角に『ダイナソージャングル』はあります。住宅地のどまんなかにありながら、平日でも常に多くのお客様に賑わっているこちらのお店。その人気の秘密を探ってきました。

マスターのやさしさと想いやりに溢れたフードの数々

6種あるランチメニューの中から、まずは定番人気の『プレートランチ(ガパオライス)』を頂きました。
メインディッシュにごはん・スープ・生野菜サラダ・副菜2品が付いてボリュームたっぷり。

ガパオとは、挽肉と野菜をピリ辛に炒めて目玉焼きと一緒にご飯の上に載せたタイの定番料理ですが、ダイナソージャングルさんでは、辛みを抑えて誰にでも食べやすいようにアレンジしています。また、野菜をたっぷり使用していているので、ボリュームはありながらもヘルシーで見た目以上にあっさり食べられます。

生野菜サラダはその日の仕入れに応じて内容は日替わり。有機野菜をたっぷり食べられるとあって、女性はもちろん一人暮らしのサラリーマンにも好評です。

日替わりの副菜2品も毎日手作りにこだわっているそうです。取材日の内容は、長いもと明太子のふわふわ蒸しと茄子の煮びたし。
オーナー曰く「メインは定番のものが並ぶことが多いですが、小鉢はいろいろ実験的なメニューを取り入れることが多いです。上手く行けばグランドメニュー化することもあるんですよ。ちなみに長いもと明太子のふわふわ蒸しは今日初めて作りました(笑)」とのこと。副菜にも注目してみてください!

ランチにはパスタランチやサラダランチなどもあり、どれも野菜をたっぷり使用したボリューム満点なのにヘルシーなものばかり。また「口にするものなので出来るだけ安全なものを使用しています」と言うように、こちらのお店では、京都近郊の契約農家が作った有機野菜や、あまり市場に出回らない珍しい野菜や京野菜を毎朝仕入れて使用しています。

美味しいのはもちろんのこと、身体の事にも気遣ったフードの数々に、週2・3回と通う常連も多いのだとか。

その他にも、家族連れのお客様が多いことに配慮して、いわゆるお子様セットとは別に中学校3年生まで専用のジュニアプレートを用意。ジュニアプレートは通常のランチプレートと同じ内容で量が約半分になっていて、「お子様セットだと少なすぎる」「大人と同じものを食べたい」というお子様のニーズを上手く汲み取ったメニューです。

そんなちょっとした心づかいも常連さんを掴んで離さない秘密かもしれません。

つい写真を撮りたくなるフォトジェニックなスイーツも人気!

カフェと言えばスイーツも見逃せませんよね。ダイナソージャングルさんイチオシはオリジナルワッフルプレート。好きなワッフル生地に、アイスクリームやソースも自由に選べる事ができます。更にココアやチョコペンを使って一皿ずつかわいくデコレートしてくれます。また、予約すればメッセージや似顔絵も書いてくれますので、誕生日や記念日のサプライズにもピッタリです。

「みんなが笑顔になる!!」目で見て楽しめ、ずっと居たくなる居心地の良い空間づくり

マスターの髙山大輔さんになぜ恐竜をテーマにしたのかうかがったとこころ「お店を開く時に掲げたコンセプトはとにかくみんなが笑顔になれる店にしたいということでした。そこで、大人・こども問わず好きなものって何だろうと考えた時に思い浮かんだのが恐竜だったんです」と、意外な答えが返ってきました。髙山さんは元はサラリーマン。もっと人と接する仕事がしたいと飲食の世界に飛び込み、独学で料理やお店作りを学んだそうです。髙山さんのお店は流行りや決まった型にはまっておらず、ご自身の感性に素直にお店づくりされていて、至る所に髙山さんの人柄やおもいやりが感じられました。

「大きな店ではないのでやれることは限られていますが、小さな店ならではの手作り感やアットホームな感じを大切にしています。」

そんな居心地の良さに惹かれて、昼間は近所の親子連れや奥様達のランチ会で賑わい、夜は手作り料理をアテにちょっと一杯というおひとりさまや、近場でワイワイ飲みたいというグループでいっぱいになるといいます。

料理良し・居心地良しの使い勝手のよいカフェダイニング『ダイナソージャングル』
気負わずゆっくりくつろげるこの雰囲気を、是非ご堪能してみてください。

取材日:2017.10.31

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/09/20 19:46:19

アイコン選択
メッセージ(12文字)