人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

利用規約を確認してください。

紅炉庵 なんば店

居酒屋いつもよりちょっとイイ酒・イイ料理を愉しむ。なんばで楽しむ大人の隠れ家(大阪 難波 紅炉庵 なんば店)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

紅炉庵 なんば店

電話番号
06-6647-1717
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
大阪府 大阪市 浪速区難波中1-6-8 ホテル一栄1・2F [ MAP ]
営業時間
月~土 17:00~23:30 日・祝日 17:00~22:30
定休日
12/31 1/1
座席数
140席
平均予算
夜:4,000~5,000円

地下鉄難波駅6番出口から5秒!抜群にアクセスの良い場所に店を構える『紅炉庵』さん。難波のど真ん中にありながらこだわりの和食や地酒を非日常感のある上質な空間で味わえる、知る人ぞ知る大人の隠れ家です。

素材・調理法・盛付けにもこだわった、魅せる料理の数々

本日のお造り盛合せ 1人前(5種) 690円+税 ※写真は2人前
お店が木津市場に近いこともあり、海鮮は市場でその日一番いい物を厳選しています。その他にも全国の産地に料理長自ら視察に赴き仕入れる特選素材もあります。取材時には、香川・引田湾で育った「宵〆ぶり」がメニューに並んでいました。脂のノリと引き締まった身質、魚臭さを全く感じないクリアな味わいは、料理長も太鼓判の美味しさです。

生うにローストビーフ~刻み生わさび添え~990円+税
まろやかな舌触りと程よい甘みのある肉質が特徴の熊本産 黒毛和牛のウチヒラ を使用したローストビーフに、贅沢に生うにをトッピング。肉の甘みとうにの甘みが融合した至福の味わいです。

また大阪でごくわずかのお店しか扱っていない「和王牛」を冨士溶岩焼やコー ス料理のメインとして様々な調理法で堪能することができます。

『紅炉庵』さんでは素材にとにかくこだわっていて、群馬の下仁田葱・千葉のシルクスイート・広島のジャンボエリンギ・石川の加賀蓮根など、各地から送られてくる採れたて野菜や、全国からわざわざ買い付けに来る料理人もいる程人気の大阪ツムラ本店の河内鴨など、どれも自慢の品ばかり。それら特選素材を、和をベースにしつつも洋や中のエッセンスも取り入れた、ここでしか味わうことのできない『新和食』に仕上げていきます。

また、オープンカウンターには藁焼き台も完備されていて、ゲストの目の前で豪快に焼き上げるエンタメ要素もプラスされていて「単に美味しいだけでなく、目・耳・鼻でも楽しめる料理を心がけています」と料理長。更に驚きなのが、これだけこだわった食材を使い手間暇かけて作りあげた料理が、どれも1000円前後で楽しめることです。和食というと、特に若い人には敷居が高く感じられますが、若い人にも気軽に楽しんでいただきたいとの想いから、リーズナブルな価格に設定されています。本格的な料理が手ごろな値段で味わえるのは嬉しい限りですね。

酒好きにはたまらない目と舌で楽しむ日本酒

他店では中々お目にかかれないプレミア物に出会えることもしばしばあるほど、『紅炉庵』さんは難波屈指の日本酒の品ぞろえを誇っています。また料理長は唎酒師の資格も取得していて、好みを伝えればピッタリのお酒をセレクトしてくれますので、日本酒ビギナーの方でも安心して美味しい日本酒を楽しむことができます。

また様々な種類の酒器の中から好きなものを選ぶことができるのもうれしいポイント。好きな酒器で飲めば、美味しいお酒もより美味しく味わえると思いますよ。

都会の喧騒を忘れさせる、上質な大人の空間

『紅炉庵』さんでは、空間デザインも注目したいポイント。
1・2階合わせて140席もある広々とした空間には、カウンターやテーブル席の他、4名用の個室から40名まで利用できる宴会個室まで様々な席が用意されていて、各種宴会から接待・慶事まで幅広く利用することができます。

繊細な手彫り仕事の欄間や筆で描かれた壁画等、店内装飾の細部にまでこだわりが光っています。
上質で落ち着いた雰囲気は、まさに大人の隠れ家といった趣きです。

2Fは全て個室になっていて、周りの目を気にせずゆったりと食事を楽しむことができます。

大広間は仕切りを外せば最大40名まで対応できます。

カウンターはオープンキッチンになっていて、職人の華麗な包丁さばきを眺めることが出来ます。目の前で料理が出来上がる様は圧巻の一言!

難波のど真ん中にいながら、こんなにオシャレで落ち着いた空間で本格的な料理が味わえるお店があったとは驚きですね。店長曰く「居酒屋よりも上質な料理と雰囲気で、割烹よりも気軽に利用できるお店がテーマです」と言うように、「今日はいつもよりちょっと贅沢したいなぁ」という時にピッタリのお店だと思います。

取材日:2017.12.25

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2018/04/21 03:13:19

アイコン選択
メッセージ(12文字)