人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

NOUVE

レストラン限定6席のプレミアシートでいただく絶品フレンチ(大阪 曽根崎 NOUVE ヌーヴ)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

NOUVE

電話番号
06-6949-8322
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
大阪府 大阪市 北区曽根崎一丁目7-13 レイソル曽根崎402 [ MAP ]
最寄り駅
JR北新地駅 徒歩7分
営業時間
[昼]11:30〜14:00  [夜]17:30〜24:00 夜21:00以降の来店は電話にて問い合わせください
定休日
不定休
座席数
6席
平均予算
5,000円~10,000円
求人情報
-

東梅田・北新地から徒歩7分。曽根崎にあるこだわりフレンチレストラン「NOUVE ヌーヴ」。
店の前に来ると、ダークウッドのドアが出迎え、ブルーの看板が映えます。
店内に入ると、照明が落とされてシックで落ち着いた雰囲気。店内にテーブル席はなく、わずかカウンター6席のみですが、プライベートかつ特別感が漂います。

贅沢な食材。斬新な組み合わせ。衝撃の美味しさ。

まずは、こちらのお店の定番メニュー「フォアグラのプリン」。フォアグラといえば、世界三大珍味として有名な食材です。
このフォアグラを丁寧に裏ごしし、コンソメの旨味を足しながら、フォアグラの良いところだけを引き出した逸品。
ブラッドオレンジで作ったカラメルがかかっており、ブラッドオレンジの甘みや渋みが、さらにフォアグラの味を引き立たせます。プルプルなプリンをスプーンで掬って頬張ると、フォアグラの良い香りが鼻を抜け、コクのある濃厚な味が口いっぱいに広がります。
あまりの美味しさに衝撃を受けてしまいました。

続いては「仔牛のヘレ肉 ポルチーニとマデラ酒のソース」
仔牛の醍醐味を味わうならヘレ肉ですね。しっとりとした極めの細かい肉質と柔らかさは通常の牛肉では味わえません。脂肪も少なく肉質はピンク色、仔牛の美味しさを堪能できます。しっかりとした濃いめのマデラ酒のソースは、上品な甘みもありお肉との相性もよくあいます。ポルチーニ茸のとても濃厚な風味もアクセントとなり、味に深みが増します。
ただただ美味しいとしか言えず、ソースを含めて一滴たりとも残せないと思うおいしさです。

計算し尽くされた緻密なデザート

これまでに食したことのない一風変わったデザートが出てきました。
デザートを構成するのは、「冬柿」、「大葉のかき氷」、「甘酒を使ったババロア」。
上からスプーンで掬って、その3種類を一口で頂きます。まずは、ババロアの甘みを感じて、冬柿のほんのりとした甘みと食感、そして最後は大葉のさっぱりとした味で締められる、という計算しつくされたデザート。特に大葉のかき氷の口どけ感が最高です。

お料理と相性抜群のワインも豊富に用意されています。フランス産のワインを中心に、チリ、ニュージーランド、オーストラリアの上質なものを厳選されています。
ワインだけでなく、焼酎や日本酒もあります。以前は北新地にお店を構えていたことから常連のお客様も多く、好みを覚えてそれに合わせていったことで、少しずづ種類が増えてきているのだとか。

食材のコラボレーションを追求しながら究極の逸品を提供するために日々邁進

店内はカウンター6席と非常にコンパクト。シェフお1人で切り盛りされているので、丁度良い席数です。1人でもリラックスして料理をいただけました。

オーナーシェフの小柳さんは、生粋のフレンチ料理人かと思いきや、もともとは和食の料理人だったそう。料理の中には、大葉、からし、ワサビ、出汁などの和の物を取り入れて、進化した創作フレンチを提供しています。
シェフはお出しするお料理、ソース、パン、デザート、お茶菓子は全てひとりで創り出し、細かいところまでこだわりを持っております。シェフの技術と感性が冴える一品は、食べるものを虜にしてしまいます。

知っている人じゃないと辿り着けないであろう隠れ家ですが、席数が6なので今後は予約の争奪戦になりそうです。絶品フレンチをご堪能あれ。

取材日:2018.02.13

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (2)

icon
ステキ

icon
誕生日にいいなぁって

リアクション

2018/10/20 20:06:34

アイコン選択
メッセージ(12文字)