人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

バーンキラオ国立店

「ガパオ」じゃなくて「カパオ」が正解!?本格的なタイ料理を食べるならここで(東京 国立 バーンキラオ国立店)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

バーンキラオ国立店

電話番号
042-571-6373
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
東京都 国立市 東1-6-2 Y'sVISION2F [ MAP ]
最寄り駅
国立駅
営業時間
平日11:30~14:30、17:00~23:00、土日祝12:00~23:00
定休日
座席数
38席
平均予算
昼:1080~、夜2,000~2,500
求人情報
-

※記事中の価格は取材当時の価格です。

東京国立駅南口から徒歩2分。
学生の多い飲食街の中に本格的なタイ料理を味わうことのできるお店があります。

その名も「バーンキラオ国立店」。
不思議な魅力に誘われて2階のお店を訪れてみました。

野菜とシーフードがふんだんに使われたピリ辛「ヤムウンセン」

まず最初に頂いたのは「ヤムウンセン(750円/税別)」。

ピリ辛の春雨にエビ・タコ・貝・きくらげ・トマト・タマネギ・にんじん・セロリにピーナッツとさまざまな食材がふんだんに使われています。エビのサイズが大きいのも嬉しい!

さらに牛肉のそぼろのようなものも入っておりサラダのようでありながらも満足度が高い逸品です。

それぞれはピリ辛の風味が後から来るのですが、ただ辛いだけでなく、牛肉にはしっかりと味付けがされているので食べごたえがあります。

本場タイの発音では「ガパオ」じゃなくて「カパオ」が正解!

続いて頂いたのは「カオカパオ(850円/税別)」。
「ガパオ」じゃないのかなと思っていると、タイでは「カパオ」というのが正しいのだと教えて頂きました。

牛肉そぼろに赤ピーマン・タマネギ・カパオの葉っぱを合わせ、ライスの上にかけています。ピリ辛の味と香辛料がアジアンテイストです。

さらに上には目玉焼きが乗っかっており、中が半熟!スプーンで切れ目を入れるととろーりと黄身が流れ出します。ピリ辛味とのコントラストがいい感じです。

さらに、牛肉そぼろの味が少し和風なのがホッとできるというか、噛みしめて味わうと深みが増すのが印象的です。

タイの雰囲気を感じる装飾品もたくさん!

店内にはタイの装飾品がたくさんあります。絵やポスターだけでなく、人形まで。

調理をしてくれているのもタイ人のご夫婦です。スタンダードなタイ料理を本場そのままの味で楽しむことができます。

店内は明るく、少人数でも大人数でも入りやすい雰囲気です。近隣大学の学生さんやファミリー客でにぎわいます。また、主婦の方がランチで訪れることも多くあります。

本格的な味を活かしつつ、日本人にも親しみやすいタイ料理が食べたくなったらぜひ「バーンキラオ国立店」に足を運んでみてくださいね。

取材日:2018.10.9

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/10/21 04:43:59

アイコン選択
メッセージ(12文字)