人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

T-GREEN'S

カフェ・スイーツ「あったらいいな」がつまったカフェ。心も体も満たされる都会のオアシスでおいしい時間を(大阪 南森町 T-GREEN'S )

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

T-GREEN'S

電話番号
06-6356-3901
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
大阪府 大阪市 北区天神橋3-4-14 [ MAP ]
最寄り駅
南森町駅 徒歩3分
営業時間
11時~23時
定休日
不定休
座席数
60席
平均予算
2,000円
求人情報
-

※記事中の価格は取材当時の価格です。

「あったらいいな」をできるだけ叶えたい、オーナーの想いが形に。

いつもたくさんの人が行き交いにぎやかな印象の天神橋筋商店街。その中に突如として現れるリゾート地のようなカフェ、それがT-GREEN'Sさん。カフェの入り口前には、パラソルまであるテラス席が設けられ、ペット連れのお客様がお散歩ついでに立ち寄る姿も。飲み物のテイクアウトも可能で、思わず写真を撮りたくなるようなおしゃれなカップとホルダーで持ち帰ることができます。

一歩店内に入ると、おしゃれですっきりとしたオープンキッチンがどんとお目見え。シェフを中心に活気あふれる厨房からは食欲をそそられるいい香りが漂ってきます。
 店内奥に目をやると、半地下への階段が。その奥には窓のない半地下とは思えないような、明るくおしゃれな空間が広がります。通していただいたのは、ゆったりとしたボックス席。「あれ、ここなんかすごく落ち着くな・・・。」と思っていたら・・・。

「この席、ゆったりしたソファに合わせて、低めのテーブルをセッティングしているんですよ。」とオーナーさんが声をかけてくださいました。
「ソファ席には低いコーヒーテーブルが多いですが、ご飯を食べるには少し不便だなと思っていたんです。でもソファのようにゆったり座りたい。じゃあ、ソファに座っても食べやすい高さのテーブルにしたらいいんだって思ってこうしています。」とのこと。こちらのカフェには、このソファとテーブルだけでなく、とにかくオーナーさんやスタッフさんの「こんなのあったらいいな」というポイントが随所に散りばめられています。
例えば、席に着くと出してもらえるおしぼりは、可愛い柄入りで分厚くて気分も気持ちもいい。お昼に甘いものをがっつり食べたい時もあるから、デザートは終日食べられてボリュームもたっぷりに。冬でもテラス席がいい人もいるから、パラソルはヒーター付きのものを・・・。
とにかく「これは嬉しい!」というツボをうまくついてる・・・としみじみ。お料理が出てくる前に、テンション上昇気味です。

ボリュームたっぷりのごはんにスイーツ。人目なんて気にせずにのびのびどうぞ。

この日いただいたのはランチでもディナーでも人気だという「丹波鶏胸肉の低温調理グリル」。
季節ごとのグリル野菜をたっぷりと添えられ、メインのお肉もどどんと鎮座。そこに甘みが濃縮されたようなたまねぎと粒マスタードのソースがとろりとかけられています。このソースがまた絶品。低温でじっくりと調理され、しっとりとした食感の胸肉との相性がばっちりで、どんどん箸が進みます。お野菜も水分が中にとどまっていて、とってもジューシー。本来の味がぎゅっととじこめられているので、そのままでもとっても美味しくいただけるほど。

続けていただいたのは、ちょっと日本では珍しいスイーツ「パブロバ」。これはオーストラリアのお菓子で、ベースとなっているのはメレンゲのお菓子。さくさくっと甘い生地の上にヨーグルトのクリームや少し酸味があるようなフルーツをこれでもかというほどにトッピング。現地ではクリームが甘いそうですが、こちらのお店では日本人の好みに合わせて少しあっさりしたクリームに仕上げているそう。
たっぷりとしたボリュームなので、シェアして食べる方も多いそう。ただ、見た目のインパクトの割にはぺろっと食べられます。甘すぎないことと、ベースの生地がとっても軽いせいでしょうか。

「この店内って、あまり外からは見えませんよね。なので、大きめのスイーツでもみなさん周りを気にせず食べられると言ってくださいます。」とのこと。他のスイーツも思ったよりちょっと大きめ。スイーツはがっつりと食べたいというときにもぴったりです。

体にいいものをもっと気軽に、もっと美味しく。

「これ、どうやって淹れると思いますか?」と言いながら出していただいたのは、ちょっと見た事がないようなポット。中にはお茶の葉とお湯が入っているのが見えるので、間違いなくお茶が出てくるはずなのだけど・・・。

実はね、こうやるんですよ。」と見せていただいたお茶の注ぎ方は画期的なものでした!まさに目からウロコ・・・。ぜひお店で見ていただきたいので、詳細は内緒ですが、この画期的なポットはオーストラリアの雑貨屋さんで見つけたそう。あまりの衝撃で、思わずそこの店にあった約50個ものポットを買い占めて持って帰ってきたそうです。

そしてここでも「あったらいいな」が形に。もっと、美味しいお茶を手軽に飲めるところがあったらいいのになと思っていたところ、このポットとの出会いもあり、カフェで日本茶も出すことになったそうです。
「店名にgreensと入っているんですが、これはたくさんのグリーン、お茶とお野菜のことを表しています。お茶とお野菜、どちらもいいものだとわかっていてもなかなか普段の生活では取り入れづらいという方も多いですよね。だから、カフェで出したいなって思っています。」
体にいいものをというコンセプトのもと、カフェのメニューにも野菜がたっぷり。そしてご飯は全部玄米だそうです。また、低温調理も取り入れ、ヘルシーなメニュー作りにも取り組んでいます。

外の喧騒が嘘みたいに、どこか自然の中に来たかのような気持ちよく解放的な空間。体にじんわりとしみわたる美味しいお茶や、野菜の旨味。手をかけられている事がわかる、丁寧なお料理。そして、心までも満たしてくれるボリュームたっぷりなスイーツ。
まさに都会のオアシスと言っても過言ではないカフェ。コンセントやWi-Fiも設置されていますし、仕事の休み時間にでも移動途中にでも、ちょっと立ち寄ってパワーチャージしてみてくださいね。
取材日:2017.2.6

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2020/08/05 22:37:05

アイコン選択
メッセージ(12文字)