人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

&SEIS BREWERY

北海道初のヒューガルデンオフィシャルショップでスマートに味わうモダンエスニック(札幌 すすきの & SEIS BREWERY)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

&SEIS BREWERY

電話番号
011-213-1197
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
北海道 札幌市 中央区南4条西6-8-3 晴ればれビル1F [ MAP ]
最寄り駅
市電 山鼻線 資生館小学校前駅 徒歩2分
営業時間
月~土・祝前日 17:00~翌3:00 (L.O.2:00) 日・祝日 17:00~翌1:00 (L.O.24:00)
定休日
無休
座席数
50席
平均予算
3,800~4,000
求人情報
-

札幌一の繁華街、すすきの交差点から月寒通を西に2ブロック歩き、1本奥に入った通りに「& SEIS BREWERY(アンドセイスブリュワリー)」はあります。すすきの交差点から徒歩でわずか5分程しか離れていません。

エイジングビーフの美味しさに誰もが納得!

エイジングビーフは店内に設けた自家熟成庫で、厳密な温度と湿度の管理を行うことで、一年を通して安定した熟成が行われています。その肉を火力の強い炭火で焼くことでさらに旨味を閉じ込めることができます。

タイ風ステーキ「クライングタイガー」(1,500円 税別)

お店の看板メニューであり、一番人気なのが「クライングタイガー」。
炭火でじっくりと焼いた肉を、オリジナルのパクチーソースや本場タイから取り寄せている唐辛子をお好みで付けて食べます。
料理名は「虎が泣く程辛い」味に由来しますが、安心してください!ピリッとした辛さがクセになる美味しさと評判です。

リブアイ1ポンド(453.6g)ステーキ(3,900円 税別)

リブアイをはじめ、ハンギングテンダー、フィレミニオン、トライチップなど好みの部位を選んでエイジングビーフが楽しめます。エイジングビーフならではの熟成香、炭火焼きの香ばしさ、口の中で溢れる肉汁が幸せな気持ちにさせてくれるでしょう。

産地、調理法、牡蠣の楽しみ方は自由自在!

活牡蠣食べ比べオイスタープラッター(12個・4,000円 税別)

牡蠣は北海道をはじめ全国から、その時期に合わせて高品質なものを取り寄せることで通年で生牡蠣を食べることができます。産地や時期による味やサイズ、食感などの違いを実感してみるのも良いでしょう。

ヒューガルデンスチーム活貝蒸し(1,500円 税別)

活牡蠣やムール貝をヒューガルデンでスチームすることで、旨味が一層際立ち爽やかな香りが広がるとのこと。ヒューガルデンオフィシャルショップならではの贅沢な逸品ですね!

もう一つ牡蠣で人気なのがパセリやトマト、パクチーなどのソースをかけてから焼く「オイスターグリル」(写真左端)です。生牡蠣とはまた違う美味しさに出会えますよ。
また、写真中央にあるのがバイ・チャップルーというタイ産の葉っぱに食材を巻いて食べる「ミャンカム」で、オリジナルの食材との組み合わせ方で、酸っぱい、甘い、辛いと色々味が楽しめる人気料理です。

ヒューガルデンだけでなく、世界中のビールが勢ぞろい!

スタッカーカクテル「ヒューガルデンロゼ」(各950円 税別)

ヒューガルデンのパイントグラスにボトルビールが突き刺さっているカクテルのインパクトは絶大で、サービスされた瞬間にテーブルでは歓声が上がります。皆さん飲む前にバッチリ撮影するのは言うまでもありません。
テイストはパッションフルーツ、ローズマリー、ミックスベリーなどがあります。

ヒューガルデンとエスニック料理はとても相性が良く、女性に人気。

ビールもモダンエスニックもこの店ならではの世界観

客層は30代を中心としたカップルや友人同士がメイン。ちょっと大人の雰囲気でゆっくりビールとモダンエスニックを楽しむにもってこいのお店です。


取材日:2018.11.15

※写真は全てお店からの提供画像です。
※本記事は、電話取材によるものです。

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/01/16 18:50:42

アイコン選択
メッセージ(12文字)