人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

なぜ「松竹梅」はめでたい? 伝承の中の日本人の心を知る講座「文様ゐろは」。
COLUMN

ファン

199

ファン登録をすると特別なオファーやお知らせがマイページに届きやすくなります。

レポハピプレス編集部

レポハピ編集部が世の中の気になること、お伝えしたいことをレポハピの公式ライター陣が思いのままにお届けします。

「松竹梅」はめでたいと言われるが、その理由をきちんと説明できる人は少ないのではないだろうか。昔からの行事・風習を受け継いでいるようでも、本来の意味を知らないことが多い。“行事は受け継がれるが、そこに日本の心はない”ということを憂い、染織図案家と着物デザイナーが講座「文様ゐろは」を開いている。和文化になじみのない人も興味がもてるように、文様にまつわる四季折々の歳時記や歴史的背景を教えている。夏の講座に参加してみた。

七夕はなぜ「たなばた」?“梶の葉に筆”は何の文様?

祇園祭の宵山の日、7月16日に京都・五条で「文様ゐろは 夏の講座」が行われた。テーマは「夏の歳時記と祗園祭」。身近な風習の意味を教えてもらうと、参加者は「へぇ~」を連発した。
例えば、七夕。中国の行事である乞巧奠(きっこうでん)が織姫・彦星伝説とともに伝わり、日本固有の棚機津姫(たなばたつめ)の信仰と結びついたとされる。だから、七夕は「たなばた」と読まれる。梶の葉に願い事を書く習わしがあり、梶の葉と筆が描かれたものは、七夕の文様。背景を知ると合点がいくが、まるで謎解きだ。掛け軸や着物なども「なぜこの柄が?」と疑問がわくときは、そこに隠された意味がある。日本文化は奥深い。ひとつの知識の鍵で次々と扉が開く。その鍵をこの講座では教えている。

※主催者の吉田泰子氏(着物デザイナー)と大内惣介氏(染織図案家)。

秋の講座は旧三井家下鴨別邸で。

講座「文様ゐろは」は、図案塾の代表・大内惣介氏(染織図案家)と副代表・吉田泰子氏(着物デザイナー)が、スタッフとともに手弁当で開催している。10年以上続くが、一時期ストップしていた。「日本人の当たり前の教養として、日本人の心とともに多くの人に伝えたい」と、「文様ゐろは」は今年の春、再開された。
次回の秋の講座は10月28日(土)に開催が決定している。内容は重陽や月見など秋の歳時記と文様について。場所は下鴨神社境内にある旧三井家下鴨別邸の2階。歴史的価値があり、重要文化財となっている建物だ。昨年10月に一般公開されたばかりという注目の場所で行われるので、満席になるのも早いかもしれない。気になる人は図案塾のサイトをチェックしてほしい。

※秋の講座は旧三井家下鴨別邸で行われる。

ところで、なぜ「松竹梅」はめでたいのか、教えていただいた。中国の蓬莱山伝説にまつわる文様で、常緑樹の「松」は、若くいきいきとしていることを表し、空洞で節のある「竹」は、腹心がなく徳のあることを意味する。一年の最初に咲く「梅」は、他者に先駆けていることを表している。そのような理由から、松竹梅は慶事・吉祥の象徴とされているという。ちなみに、松竹梅に優劣はない。寿司屋などの料理の序列は「並」と言うより「梅」の方が好印象と利用したものらしい。

※大内氏がデザインした秋の菊の図案。

図案塾
〒607-8125 
京都市山科区大塚西浦町13-3 春紅園内
メール:zuanjuku@kyoto-shunkoh.com

https://zuanjuku.wixsite.com/zuanjuku

取材・文/河本樹美

リアクション (0)

リアクション

2018/11/15 00:10:13

アイコン選択
メッセージ(12文字)