人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

渡辺金属工業 見える所に置きたいインテリアバケツ、だから「OBAKETSU」!

サポーター

253

サポーター登録をすると特別なオファーやお知らせがマイページに届きやすくなります。

レポハピプレス編集部

レポハピ編集部が世の中の気になること、お伝えしたいことをレポハピの公式ライター陣が思いのままにお届けします。

水を運んだり、掃除の時に使う「バケツ」。家でもお店でも大抵は流しの隅や倉庫など、目立たない場所に置いてある。でも全く逆の発想で「見てもらいたいバケツ」を作っているバケツ専門メーカーが兵庫県姫路市にある。作っているのは「オバケツ」。一度聞いたら忘れないネーミングである。

バケツの世界を広げる

#一番人気のライスストッカー(RS20G 10800円・税込) ©OBAKETSU

かつてバケツといえば金属製だったが、1960年頃をピークに徐々に安価なポリバケツに取って代わられていく中で、金属バケツを作る会社も次第に減っていった。しかし、ポリバケツに比べて耐久性に富み、火にも強く、ちゃんと使えば20年以上は持つ金属バケツの良さを、もう一度知ってもらいたいとインテリアにもなるバケツの開発に着手し、誕生したのが「オバケツ」だ。中でもライスストッカー(米びつ)は発売以来20万個を記録するヒット商品となった。

これぞ、メイド・イン・ジャパン

#各工程を経て次第に製品の形になっていく

バケツ製作は、切る、曲げる、圧着する、部品を取り付けるなど完成するまでに20~30もの工程があるが、そのほぼ全てが手作業だ。また、メイン材料のトタン板はもちろん、針金などの小さな部品に至るまでここでは100%日本製。中でも取手に使う木製部品は「ソロバン」で有名な兵庫県小野市のものを使用することで、地場産業の振興にも一役買っている。熟練した職人一人ひとりが“お客様が望む以上の品質を”という熱い想いでこれらの良い材料を丁寧に製品に仕上げていく。その姿を見れば、出来上がりを見る前にそのクオリティの高さは容易に想像がつき、メイド・イン・ジャパンの誇りが感じられる。

50年程前の作業風景、今とほとんど変わらない ©OBAKETSU

会社の創業は1923年(大正12年)、あと5年で100年を迎え、現社長で三代目。創業時は水汲み用バケツだけを製造していたが、現在の「オバケツ」としてアイテムが広がっても、当初からの「確かな良い製品を真面目に作る」という経営信条は変わらない。それは半世紀前の作業風景が現在とほとんど変わらないのにも通じるものがある。

全ての発想の原点はバケツ

#ショールームでは実際に商品を手に取って購入できる

商品は通販の他、全国の東急ハンズなどでも購入できるが、工場併設のショールーム兼直営店では100アイテム程に上る全商品を見ることができる。主力の「オバケツ」をはじめ、ライスストッカー、野菜ストッカー、ひのきのフタを使用した足湯バケツ、雨でも消えない蚊遣りオバケツなど他社と同じものは作らないというのがコンセプト。直営店は姫路城に程近いとは言え、姫路駅から歩くと30分はかかるが、ほぼ毎日お客さんが訪ねてくる。宣伝を一切していないことから考えると商品自体の魅力の強さが伺える。

#オバケツ 42L カラー キャスター付(各8618円・税込) ©OBAKETSU

昔は米びつや茶筒といえば金属の箱が主流だったが、それは金属による高い密封性と堅牢性というメリットを先人が良く知っていたから。そのメリットを活かしたライスストッカーは、かつて戸棚の中にひっそりと収納されていた米びつではなく、華やかな色合いで部屋の中に置いていても中にお米がストックされているようには全く見えない。写真の「オバケツ」もゴミ箱として使用しても部屋の隅に置くのではなく、むしろインテリアとして「見てもらいたいバケツ」と言っても過言ではないだろう。

「オバケツ」で社会の役に

#出荷前の水漏れテストの様子 ©OBAKETSU

水漏れ防止加工を施した製品は製造最終工程で実際に水を入れて水漏れテストを行う。耐荷重試験では200kg(キャスター付は40~70kg)の物を上に置いても、また中に50kgの物を入れて持ち上げても変形しない丈夫さを実証している。

#ライスストッカーでジオラマ製作、こんな楽しみ方も ©OBAKETSU

ホームページでは毎月「オバケツ」フォトコンテストを実施しているが、ジオラマや鉢植など自由な発想の使い方がユーザーから寄せられている。ライスストッカーはあまり大きいのは売れないだろうと考えていたところ、農家から直接購入するので30kg用のストッカーのニーズが高かったなど、時としてお客さんの発想がメーカーの考えの先を行くこともある。
水だけでなく希望や笑顔を一杯に汲んで、どこへでも運べる「オバケツ」。「日本最後の金属バケツ専門メーカーになってもバケツで社会のお役にたちたい!」――― そう「オバケツ」が喋ったような気がした。

取材協力 渡辺金属工業株式会社
〒670-0875 兵庫県姫路市南八代町9-12
電話079-297-7100
ホームページ http://obaketsu.com/

取材・文 / 梅川謙次

リアクション (0)

リアクション

2020/06/01 16:22:01

アイコン選択
メッセージ(12文字)