人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

勝間和代さんスペシャル講師!ヘルシオでロジカルクッキング ② ~素材の味を引き出す、塩分0.6%~

サポーター

227

サポーター登録をすると特別なオファーやお知らせがマイページに届きやすくなります。

ヘルシオさん

「健康って、おいしい。」をコンセプトに、ヘルシオシリーズを使った季節のレシピや、便利でためになる調理情報などをお届けします。

勝間和代さんスペシャル講師による「ヘルシオ体験特別講座」が4月24日(火)に開催されました!

前回、勝間さんが提唱されているロジカルクッキングについてのレクチャーをお伝えしました。第2回の今日は、勝間さん×ヘルシオホットクックのメニューを2つご紹介したいと思います。

ブレイズ

ブレイズとは、「蒸し煮」という意味です。

なす、ピーマン、パプリカ、エリンギ、しいたけなどを大きめにザクザクっと切って、ホットクックに入れます。きのこを入れると本当においしくなりますのでおすすめです。

勝間講師の教えは、塩はきちんと量りましょうということです。塩は数グラムで濃すぎたり薄すぎたりするので、それを勘でやるのは相当難しいのです。塩分比率を0.6%程度からはじめて、自分好みを見つけていきましょうとのことです。

さて、その方法というのは、切った野菜の重さをきちんと量って計算することです。
さあ、みなさんも台所に量りと計算機を用意しましょう。

まず、野菜が500gだったとすると、500gの0.6%は3gと計算をすると出てきます。ホットクックの場合は内鍋をゼロ合わせしておくか、内鍋の重量をあらかじめ量っておくと便利とのことです。

塩分量をしっかり量るということのほかに、勝間講師のおすすめはいい調味料を使うこと。特におすすめは天然塩です。海水から作った塩には自然の風味が満ちていて、素材のおいしさを引き立ててくれます。さらには、ブレイズに使うオリーブオイルも値段が高いものを使うと味が違うとのことです。調味料は一回に大量に使うものではないので、少しお高めでも大したことはないですよね。納得です。

この天然塩を量って入れ、さらにオリーブオイルをひと回しかけます。これで準備はOKです。

“手動の煮物 まぜるで5分”入力または、“手動の炒めるで5分”入力でできます。手動は内部温度が100度付近になってからの時間を入力するので、全体の調理時間はだいたい20-25分くらいかかります。おいしいものが食べられるなら、30分くらい待っても損はないですよね。しかも、火加減もかき混ぜもいらない全部おまかせだから、この間に他のご飯の用意ができちゃいます!

だしなし味噌汁

次に、ホットクックを使ってレクチャーいただいたのが、だしなし味噌汁。具をたっぷり入れることで、野菜の味がたっぷりでてきます。そして、勝間講師お勧めのいい味噌(だいたい、500gで800円くらいのものがよいとのことです)を入れると、野菜のおいしさでだしがなくても大丈夫なのだそうです。

先生のおすすめは、さつま芋をいれること。今回は、さつま芋の他にえのきだけ、長ねぎと油揚げをいれました。

そして、お味噌はなんと、初めからいれておいていいのです。風味が飛ばないの?と思われると思いますが、実は、ホットクックはぶくぶく沸き上げさせないので、風味が飛びにくいです。しかも、まぜ技ユニットできれいに溶かしてくれるので、自動で味噌溶きまでできてしまいます。

味噌汁も、やや大きめに具材を切って内鍋に入れます。このときに、具材の重さを量ります。そこに、具材と同じ重さの水をいれます。具材と水を足したもの(具+水)の総量に対し、0.6%の塩分になるようにお味噌の重さを量って入れます。お味噌の場合は、お味噌自体が塩分12%など記載されていますので少し計算が必要です。

12%の味噌をいれて0.6%にするには、以下のように計算してください。
1000gの具材を0.6%塩分にしたい
1000g×0.6%=6gの塩が必要です。
6gの塩に相当する味噌の量は?(12%の味噌の場合)
6g÷12%なので、50g。 
具+水が1000gの場合、50gの味噌を入れればよいことになります。

おいしい味噌と正しい味噌の量、これを間違えなければ失敗なし。野菜からおいしい味が出るので、だしもいりません。まさにロジカルクッキングです。

さらにうれしいのは、味噌汁はなんと予約ができます。夕食の準備の最後に朝用の味噌汁を用意して予約スタート。これで、次の朝には味噌汁付きの充実した朝ごはんができあがり♪
とっても大切な朝食をしっかり召し上がっていただけるようになります。

※味噌汁メニューはKN-HT99Aには搭載されていません。KN-HT99Aの場合は”手動 煮る まぜない 10分”で加熱後、味噌を溶かし、具材の煮えが不足の場合は延長で加熱してください。手動の場合は予約ができません。


さて、今回は野菜がおいしく食べられるホットクックのメニューをご紹介しました。これなら野菜嫌いさんも食べられるかもしれませんね。皆さんもこんなホットクック生活はじめてみませんか?

次回は、ヘルシオについてお伝えします。

リアクション (0)

リアクション

2019/09/20 18:36:47

アイコン選択
メッセージ(12文字)