人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

東京米バル竹若

安くてうまい!元魚屋店長の目利きが光る“本格マグロ丼”を東京駅で!ご飯はブランド米、古代米・玄米を使用(東京 八重洲 東京米バル竹若)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

東京米バル竹若

電話番号
03-6269-9556
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
東京都 千代田区 丸の内一丁目9番1号 グランルーフ内 [ MAP ]
最寄り駅
東京駅
営業時間
7:30~23:00(L.O.22:00)
定休日
無休
座席数
25席
平均予算
昼1,280、夜3,000~
求人情報
-

東京駅八重洲南口バスターミナル前、商業施設グランルーフ2階の食事処に「本格的なマグロ丼が安く食べられる」と評判のバル「東京米バル竹若」があります。

それもそのはず、元魚屋の店長が日本全国、世界各地から本マグロを中心に良質なマグロを厳選して仕入れているからです。さらに「東京米バル竹若」の母体が、いけす懐石「さかな竹若築地本店」なので海鮮料理の強みを活かした上質なマグロ丼をいただけます。

営業時間は11:00~23:00で終日おいしいマグロ丼や日本酒が楽しめるので、ランチやディナー、バーとして利用するお客様でいつもにぎわっています。

1番人気は「店主おまかせマグロ丼」。トロ好きには「特選本マグロトロ丼」がおすすめ!

1番人気の「本日の日替わり店主おまかせマグロ丼」(1,280円)は、その日に仕入れたマグロの1番おいしい部位で構成。
今回は、ぜいたくにも本マグロのトロ炙り、中トロ、赤身、ネギトロがのっていました。一度に色々な部位のマグロが楽しめるのはうれしいですね。
マグロは一切れが大きく、ご飯は250gも!このボリュームでお味噌汁が付いて1,280円とはお得です。

その日の仕入れ状況によって、大トロ、天身、尾肉が出てくることもあるので、毎回楽しみです!

「切り身と炙り特選本マグロトロ丼」(1,980円)が食べられるのも、マグロ丼専門店ならでは。
分厚いトロがこんなにたくさん!トロ好きにはたまりません!本マグロの甘くとろける脂が絶品でした。このボリュームでお味噌汁が付いて1,980円とは良心的です。

トロ炙りは、元魚屋の宮本店長が手際よく切り、バーナーで炙ってくださいました。肉厚なトロは口に入れると脂がとろけ、炙りの香ばしさと甘さが広がります。

マグロ丼のご飯にもこだわりがあり、「竹若やわらか玄米」と「酢飯」から選ぶことができます。私は両方試してみたかったので、半量ずつ2種類のご飯を盛っていただきました!

4穀(白米、赤米、黒米、玄米)を圧力鍋で炊いた「竹若やわらか玄米」は、味もさることながらミネラル・食物繊維が豊富で腹持ちがいいと根強いファンを持つ商品です。実際に食べてみると、玄米や古代米のモチモチした食感が楽しめる上、お米の一粒一粒の味が濃くて美味!上質なマグロや酢飯に負けない存在感。

「酢飯」の米は、はえぬき、てんたかく、富富富などのブランド米を使用しているので、酢飯だけで食べても味がしっかりしていて満足感がありました。米は1カ月に3ブランド入れ替わるので、また来るのが楽しみになります。

醤油には、甘口醤油と生醤油がありました。脂が強い本マグロには甘口醤油、さっぱりした赤身には生醤油がおススメ。

好みのマグロの部位が見つかる「マグロ食べ比べ刺身盛り」

見た目も美しい「マグロ食べ比べ刺身盛り」(1,580円)は、本マグロのトロ、中トロ、赤身、ネギトロの4点盛り!
マグロは部位によって味が異なるので、食べ比べて自分の好みを見つけられる一品です

色々な産地の生ガキが味わえる!

今回いただいた「生ガキ3種」(1,280円)は、北海道の昆布森産、北海道の厚岸産、宮城県の気仙沼産でした。
もともと塩味があるのでレモンを絞っていただきます。昆布森産は身が大きく、クリーミーでコクと甘味がすごい!厚岸産も身が大きく味が濃厚で食べ応えがあります。
気仙沼産は少し小ぶりですが、ミルキーでぎゅっと旨味がつまっていました。産地によって大きさも味も違うので、ぜひ試してみてくださいね!

好みのマグロと日本酒を見つけよう!

「お米をもっと身近に感じてほしい」というコンセプトでオープンした「東京米バル竹若」は、ご飯に合う質の高いマグロや日本酒が楽しめます。

「良質なマグロを使っているので、まずは、店主おまかせマグロ丼を召し上がって、好みの部位を見つけて」と元魚屋の宮本店長。
慣れてきたら、トロが好きな人は『熟成トロざんまい丼』(1,880円)、赤身が好きな人は『マグロ赤身丼』(1,080円)など、好みのマグロをいただくのも有り。

日本酒は、日本各地の地酒が約20種類あり、90mlで550円から楽しめます。
日本酒も、まずは好みを探していただくのが1番。異なる味の3種類の日本酒とおつまみが付いた。名物『日本酒呑み比べ』(1,500円)がおススメです。

東京駅の行き交うバスを眺めながら食事を

お店は東京駅バスターミナル前の建物の2階にあるので、行き交うバスを眺めながら食事ができます。好立地で人気店ですが、14:00~17:00は比較的落ち着いている時間帯。
貸切は8名まで可能。料理は予算に応じて対応してくれます。

1階では、お持ち帰り用のおにぎりやお弁当を朝7:30から販売。1番リピーターの多いおにぎりは、「竹若やわらか玄米」に味噌漬けにした生姜がのった「玄米味噌生姜」(200円)です。

「東京米バル竹若」は、東京駅で本格的なマグロ丼や日本酒が良心的な価格で楽しめるので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
好みのマグロの部位や日本酒が見つかり、きっと新たな発見がありますよ!

取材日:2018.11.15

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/07/20 23:34:50

アイコン選択
メッセージ(12文字)