人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

神楽坂 翔山亭 和牛贅沢重専門店

本物をリーズナブルに。味も価格も大満足の焼肉×和食店(東京 神楽坂 翔山亭 和牛贅沢重専門店)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

神楽坂 翔山亭 和牛贅沢重専門店

電話番号
03-6228-1829
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
東京都 新宿区 神楽坂3-1 桂ハイツ1F [ MAP ]
最寄り駅
JR中央線 飯田橋駅から徒歩5分、東京メトロ南北線 飯田橋駅B4aから徒歩3分
営業時間
平日ランチ 11:00〜15:30(LO 15:00) 平日ディナー 17:00〜21:00(LO 20:30) 土日祝日 11:00〜21:00(LO 20:30)
定休日
年中無休
座席数
10席
平均予算
[ランチ]1,000円~2,000円 [ディナー]1,000円~2,000円

特別なときに食べたり、人を幸せにする「焼肉」と、古くから日本に根付いた誰もが愛する食事「和食」を融合させ、健康的な焼肉の提供をすることにこだわる神楽坂 翔山亭グループの「和牛贅沢重専門店」。

メニューは3つ。国産牛肉の贅沢重

このお店でいただけるのは、A4ランク以上の厳選された黒毛和牛の贅沢重。

メニューは梅、竹、松の3種類。
しぐれ煮とローストビーフののった梅(1,000円)、それにサーロインを加えた竹、さらにヒレまでのせた超豪華なお重が松です。

竹(1,480円)、松(1,980円)は、つきだしに炙り和牛握りと焼きしぐれ味噌もついてきます。※値段はいずれも税抜

神楽坂 翔山亭のこだわり

翔山亭では、無冷凍、無化学調味料、無農薬野菜、無輸入、無端材の5つの無(5M)を実現しており、安心・安全な食品の提供にこだわっています。

このクオリティのお肉をこの価格(税抜2,000円以下)で提供できるのには、理由があります。

グループ全体で1頭買いしている黒毛和牛の、通常はかたくてメニューとしては出せないといわれる部分を使っているから。これを翔山亭特製の割り下で調理し、しぐれ煮にしてごはんにのせています。

仕入れた和牛をあますところなく、すべての部位を様々な方法で提供する、これが翔山亭のスタイル。
そしてすごいのは、まさかこのやわらかくて風味豊かなしぐれ煮が普段はたべられないような部位でできているだなんて信じられないような絶妙な味わいだということ。
ローストビーフやサーロイン、ヒレももちろんおいしいですが、このしぐれ煮がお重全体のおいしさを際立たせています。

肉の選定など技術的なことはグループ全体のコミッサリー(集中加工室)に任せて、店舗では無駄なコストをかけずシンプルな調理にとどめているのも高品質低価格の理由。

普通ならありえない最高のコストパフォーマンスを実現しています。

お重はまずそのままで、そのあとは黄身を注ぐかお肉にからめて・・〆はお好みでわさびや胡麻の素、刻みのり、柚子の皮などを添えてひつまぶし風にして、、1つのお重で色々な楽しみ方ができるのが翔山亭の贅沢重の魅力。

「和食と焼肉の融合」を徹底的に追求した、翔山亭こだわりの贅沢丼。一度食べたら忘れられない味になる一品です。

落ち着いた和の空間で楽しい食のひと時を

扉をあけたその瞬間から「おいしいものが食べられそう」と期待してしまうシックな内装のこのお店は、和の空間作りに定評がある京都のデザイナーがトータルコーディネートを担当しています。

あたたかみのあるライトにつつまれたカウンター席で、調理する人の顔を見ながら、昼夜を問わずゆったりと贅沢重を楽しむことができます。

お昼にも、夜にも。
一人でも、友達や恋人、家族とも。

メニューは3つだけとシンプルでありながら、おいしい焼肉が、おいしい和食が食べたくなったとき、何度でも足を運びたくなるお店です。

取材日:2018.03.19

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2018/07/24 02:26:39

アイコン選択
メッセージ(12文字)