人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

ファンフルエンサープログラムファンフルエンサープログラム

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

季節料理 どちらいか

丁寧な仕事を貫く、基本に忠実な本格和食。(香川 高松 季節料理どちらいか)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

季節料理 どちらいか

電話番号
087-851-9105
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
香川県 高松市 鍛冶屋町1-8 なかむらビル1F [ MAP ]
最寄り駅
琴電 片原町駅、瓦町駅
営業時間
11:30~14:00(L.O.13:30)、18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日
日曜日
座席数
30席
平均予算
昼1,000、夜4,500
求人情報
-

※記事中の価格は取材当時の価格です。

高松市街地の中心部、高松市立美術館南に位置する「季節料理 どちらいか」。
料理の腕を振るうのは店主の西野雅博さん。
日本料理一筋、十数年の修行を経て2015年の6月に「どちらいか」をオープンしました。
店名の「どちらいか」とは西野さんの故郷の徳島の方言で、「どういたしまして」、「こちらこそ」という意味があります。
西野さんのポリシーは基本を大切にした流行りすたりのない料理を提供すること。
お店を開く際に「ありきたりかも知れないけれど、普通に美味しい日本料理を出す店にしたい」と思った気持ちは今もなお変わることはありません。

本格的な和食が手ごろなコースで。

単品は季節によって変わりますが
お刺身盛り合わせ 1,650円~(税込)
豚の角煮 1,210円(税込)
キスと野菜の天ぷら 1,100円(税込)など充実。

お得なランチもおすすめ!

ランチは、「お昼の定食」として、炭火で焼いた「焼き魚の定食」があり
(先付け・小鉢・ご飯・汁物・香の物)
 鮭塩焼き 1,000円(税込)
 鮭幽庵焼き 1,000円(税込)
 鯖塩焼き 1,000円(税込)
 銀カレイ味噌漬け焼き 1,200円(税込)
 本日の焼き魚
から好きな魚を選べるようになっています。また他にも
 海鮮ちらし 1,100円(税込)
 お刺身定食 1,300円(税込)
などもありどれも本格的な和食を定食で気軽に味わえると、周辺の企業のOLさんからも人気です。

丁寧な仕事の本格的な味。

前菜や煮物など、どれも彩美しいお料理です。
店主自ら、市場や八百屋に足を運んで、その日の最も状態の良いものを選び献立を考えます。

冷凍やできあいのものは一切使わない、作り置きもしないのが店主のこだわりです。
旬の素材を丁寧に下ごしらえするからこそ、繊細な味が表現できるのではないでしょうか。

味が染み込んだ鰆の幽庵焼きは上品な味わいで絶品

醤油・酒・みりん等の調味液にじっくり3時間漬け込んだ鰆を、香ばしく焼いた「鰆の幽庵焼き」。
ご飯に合うよう計算された上品な味か染み込んだ身はふんわり。
鰆のうま味を最大限に生かした味付けと、焼き具合が絶品で、1度食べたら忘れられない味です。

お客さんの顔を見てから炊き上げる炊き立てご飯

「どちらいか」のこだわりがもうひとつ。
香川県産の山田米を使用し、注文を受けてから炊き上げます。
ガスを使い羽釜で炊き上がられたご飯のなんと美味しいこと!

艶々で湯気が上がる炊き立てご飯は日本人に生まれてきて良かったと思える味。
お替りしたくなる気持ちを見越して、お櫃のご飯も添えられているのが嬉しい限り。
今日だけはダイエットを忘れてお替りしてしまいましょう。

料理に合う日本酒も四国のお酒を中心に揃います 715円~(税込)
焼酎 605円~(税込)、ワイン 550円~(税込)などもあり、楽しい夜になりそうです。

美味しい和食を手ごろな価格で味わえるお店ってあるようで意外とないもの。
「どちらいか」は地元産の食材をメインに店主の目利きで選ばれた食材を丁寧な仕事で提供してもらえます。

「どこか美味しい和食屋さん知らない?」と聞かれたら真っ先に名前を挙げたいお店のひとつです。
店内はカウンターとテーブル席、テーブルの個室も完備。
人数や用途によって選ぶことができます。

取材日:2018.08.08

注:2021年4月1日からの消費税額を含んだ総額表示義務に伴い、取材当時の価格を基に、店内飲食価格で消費税分を含んで再表示しています。価格が取材当時より変更になっている場合もありますので、お店にご確認をお願いいたします。

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2022/10/07 06:28:52

アイコン選択
メッセージ(12文字)