人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

Pizzeria Leonardo&ぼんのみみ

天然酵母とオーガニック小麦で作る絶品「マルゲリータ」シェフ手作りの石窯で焼き上げる本格ナポリピッツァ(大阪 美章園 Pizzeria Leonardo & ぼんのみみ)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

Pizzeria Leonardo&ぼんのみみ

電話番号
06-6777-2399
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
大阪府 大阪市 東住吉区北田辺1-12-12 [ MAP ]
最寄り駅
美章園
営業時間
昼11:30~14:30/夜17:30~21:30ラストオーダー
定休日
毎週水曜日
座席数
20席
平均予算
昼1,500円/夜3,500円
求人情報
-

※記事中の価格は取材当時の価格です。

JR美章園より徒歩5分。閑静な住宅街の中に「Pizzeria Leonardo & ぼんのみみ」はあります。
シェフ自作の石窯で焼きあげる、天然酵母とオーガニック小麦を使った本格ナポリピッツァを味わえるお店です。

熊野本宮大社に献上される上質な赤卵を使用「ビスマルク」

「ビスマルク」1,700円(税別)

具材は、香り高いマッシュルーム、塩気がアクセントのプロシュートコット、ピュアな味わいのモッツァレラチーズ、爽やかな後味のバジル。最後に卵を中央にのせて焼き上げます。

「Pizzeria Leonardo & ぼんのみみ」では、味の決め手となる卵に、奈良県の熊野本宮大社に献上される上質な赤卵(タナカエッグ)を使用。ひじきや魚粉を食べて育った鶏の卵はまろやかなコクがあり、天然ソースとしてピッツァの上で存在感を発揮しています。

プロシュートコットは、注文ごとに切り分けるため断面が瑞々しく艶やか。しなやかな弾力と、まろやかな塩味があります。

必食!シェフの技が光るナポリ伝統のピッツァ「マルゲリータ」

「マルゲリータ」1,350(税別)

お店の看板メニュー「マルゲリータ」
「生地は手だけでのばす」「生地に使用するのは水と小麦粉と塩と酵母の4つの素材のみ」「窯の燃料は薪」といった、ナポリピッツアの伝統的なレシピに沿って作る、職人の技量と感性が光る一品です。

トマトの濃縮した旨みを秘め、美しい照りを見せる特製ソースの赤。
しなやかにとろけて広がるモッツァレラチーズの白。
爽やかでほのかな苦みのある新鮮なバジルの緑。
イタリア国旗を表す3色の食材が、ピザ生地の上でみごとに調和しています。

(※写真はお店からの提供画像です)
「マルゲリータビアンカ」1,450円(税別)

トマトソースの替わりにたっぷりのミニトマトをトッピング。
熱を通すことでミニトマトの持つ酸味がまろやかになり、甘みがグッと引きたちます。

ピッツァは箱代100円(税別)でテイクアウトも可能です。

オーガニック小麦と天然塩を使用。天然酵母でじっくり発酵させた生地

(※写真はお店からの提供画像です)

ピッツァ生地に使用するオーガニック小麦は、オーストラリア産と日本産。天然塩もオーストラリア産です。

自家製の天然酵母でじっくり生地を発酵させると、表面はパリッと中はモッチリとした食感になります。

注文が入るたび、生地玉を手で伸ばして直径30センチ大のピッツァに。9時間以上かけて発酵させる生地は伸びがよく、スルスルと円盤状に広がっていきます。

「佐賀牛ほほ肉のワイン煮込み」は驚きの柔らかさ

「佐賀牛ほほ肉のワイン煮込み」3,800円(税別)

仕上がりの食感が上品になるよう、表面の余分な脂を取ったほほ肉。
ほほ肉は赤ワインに野菜と一緒に一晩漬け込み、取り出して表面に焼き色をつけ、その赤ワインで野菜と一緒にじっくり煮込みます。

お皿にバターと生クリームでのばしたマッシュポテトを敷いて、完成したほほ肉を上に乗せます。深みのあるソースが、マッシュポテトの白と美しいコントラスト。

箸をお肉に当てると、お肉の繊維の方向にスウッとほぐれる驚きの柔らかさです。

試作を重ねたどり着いたティラミス3層の黄金比率

「ティラミス」500円(税別)

スポンジ生地とマスカルポーネムースにもタナカエッグを使用。
ほどよい苦みのあるクリーミーな味わいで、さっぱりといただけます。

ピッツァと相性抜群のドリンク

ワインに迷ったら、店名と同じ「レオナルド キャンティ」3,500円(税別)がおすすめ。グラスワインもあります。

「純米大吟醸車坂」700円(税別)、「大坂屋長兵衛」700円(税別)など、フルーティーな味わいの日本酒もピッツァとの相性抜群です。

能勢の山の湧き水で作られる能勢酒造のジンジャエールは、しょうがのすっきりしたのど越し。トマトの酸味とよく合います。

明るく開放感のある室内でくつろぎの時間を

店内は、白を基調とした明るい雰囲気。壁には、オーナーシェフ自ら描いた絵画が飾られています。
テーブル席の奥に厨房、さらに奥にはピザ窯が。料理を待ちながら、窯でピザを焼くシェフの姿を見ることができます。

チャイルドシートの用意もあるので、お子様連れでも安心です。

自然が本来持っている「旨み」の力を引き出す料理

瞬間を見極め、ピッツァを窯から一気に引き出す君塚シェフ。
「科学的な“ウマミ”を使うことなく、自然が本来持っている“うまみ”をお店の味にしたい」と話します。

「おいしいピッツァを食べたい!」と思い立ったら、「Pizzeria Leonardo & ぼんのみみ」にぜひ足を運んでみてください!

取材日:2020.01.21

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2020/06/01 16:47:22

アイコン選択
メッセージ(12文字)