人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

yaesu海老バル

海老好きな人集まれ〜!13種類もの海老から創り出される30種類の海老料理は魅力がいっぱい(東京 八重洲 yaesu海老バル)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

yaesu海老バル

電話番号
03-6262-3893
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
東京都 中央区 八重洲1-8-9 八洲ビル A B1F [ MAP ]
最寄り駅
東京駅八重洲北口 徒歩3分、東京駅八重洲中央口 徒歩4分、銀座線・東西線日本橋駅 徒歩3分、都営浅草線日本橋駅 徒歩5分、有楽町線銀座一丁目駅 徒歩7分
営業時間
月~木17時~24時、金17時~27時、土16時~23時半、日・祝16時~23時
定休日
無休
座席数
55席
平均予算
4,000~5,000
求人情報
-

東京駅八重洲口から徒歩3分、絶好の立地にある海老専門店「yaesu海老バル」。
海老のことを知り尽くしたシェフが創り出す30種類もの海老料理。使われる海老は13種類にものぼります。
赤と黒を基調とした大人っぽい店内には活オマール海老が泳ぐ大きな水槽、海老をモチーフにしたクッションやオブジェなどが所々に飾られ、海老の魅力にどっぷり浸かれる時間を過ごせます。

こんなにお得でいいの?大人気「赤海老マヨ(4尾)」は味もボリュームも◎

新鮮かつ高品質な海老を独自のルートで仕入れることにより低価格での提供を実現可能にした「yaesu海老バル」。
人気メニュー「赤海老マヨ(4尾)」もこんなにボリュームがあって680円というから驚きです。
一口いただくと、頭までサクッと揚がった大きな赤海老にまろやかなマヨネーズソースが絡み、自然と笑みが溢れてきます。
中華料理の海老マヨネーズ和えを「yaesu海老バル」流でいただくと味だけでなく価格もおいしい一皿となりました。
バルというだけあって、ワインも30種類と豊富に揃っています。2,900円〜3,500円と普段使いできる価格帯なので、気軽に楽しむことができます。

海老専門店のアヒージョは手長海老を使って

おすすめの一品「手長海老とブロッコリーのレモンアヒージョ(730円)」をいただきました。
よく見かける海老のアヒージョとは違い、メニュー名でもわかるとおり手長海老が使われています。
最も出汁が出る海老=(イコール)手長海老というこだわりです。

海老の出汁がしっかりと移ったオイルに爽やかなレモンの酸味とにんにくのパンチがプラスされたアヒージョは、バケット追加必須の後をひくおいしさです。

和とイタリアンの融合?ここでしか食べられない甘海老のカルパッチョ

「甘海老のカルパッチョ」を注文すると、寿司ゲタに甘海老が小さな山のように美しく盛られてきました。
「こちらは甘海老の下にガリを敷き、上に塩昆布を添えています。
バルサミコ酢ベースのソースでいただく当店オリジナルの甘海老のカルパッチョです」

説明を聞けば聞くほど意外な組み合わせにしか聞こえません。
果たしてどんな味なのでしょうか。
想像がつかないまま口に運ぶと、甘海老とガリの食感の違いを楽しみながら全ての味が見事に調和、そして甘海老の甘さがしっかりと引き立っていました。
和とイタリアンの融合とも言えるこの一皿は、「yaesu海老バル」オリジナルの味。
甘海老の新しい食べ方の発見です。

活オマール海老が目的でない方も!海老料理のエンターテイメント「yaesu海老バル」

「yaesu海老バル」はオープン当初から高級食材の活オマール海老をリーズナブルにいただける海老専門店として常に注目を浴びてきたお店ですが、必ず活オマール海老を注文しなければいけないといった雰囲気は全くありません。
ボトルワインも2,900円〜3,500円と普段使いできる価格で揃っています。
リピーターの方も多く、八重洲のビジネスマンのオアシスに。
土日は早めの時間から東京観光のお客様にも利用されています。

それにしてもなぜ三宅修司オーナーは八重洲に海老専門店を構えたのでしょうか。
「海老と聞くと高価なイメージですが、仕入れに関して独自のルートを持っているので、新鮮で品質の良い海老を市場価格よりも安く提供できる強みがあります」

八重洲で働く方々においしい海老料理を安く食べ欲しい、という三宅オーナーの想いが詰まった、新鮮で品質の良い13種類もの様々な海老を楽しむことができる海老のエンターテイメント「yaesu海老バル」に遊びにいってみませんか。

店内

活オマール海老が泳ぐ大きな水槽

季節のおすすめメニュー

お店の前にある巨大な海老が目印

取材日:2018.08.26

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (1)

中田 ケン

icon 中田 ケン:
応援します

リアクション

2019/02/17 15:17:46

アイコン選択
メッセージ(12文字)