人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

PIZZERIA GETTEN (ピッツェリアゲッテン)

専門飲食店薪窯で焼くピッツァに常連殺到! ピッツァイオーロ(ピザ職人)が一枚一枚、丁寧に焼き上げる本格ピッツァ(大阪 豊中 GETTEN)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

PIZZERIA GETTEN (ピッツェリアゲッテン)

電話番号
06-4865-5234
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
大阪府 豊中市 本町4-1-28 成光ビル1階D [ MAP ]
最寄り駅
営業時間
[昼]11:30~14:00 [夜]17:30~22:00
定休日
不定休
座席数
15席(カウンター5席、テーブル10席)
平均予算
[昼]1,000円~ [夜]3,000円~
求人情報
-

豊中駅から徒歩5分とアクセスのよいエリアに、本格的なナポリピッツァを楽しめる「ゲッテン」があります。とっても気さくなオーナーシェフ岡本さんが営むピッツェリアです。薪窯で焼いたあつあつのピザを食べられると評判のお店です。

こちらのお店の人気の秘訣は、なんといっても薪窯で焼きあげるピッツァ。来店者の美味しいとの口コミで次々とファンが増えています。

▲タコと春野菜のピッツァ彩り豊かな一品です!薪による独特の香ばしさを纏った生地は、パリッ、サクッ、モチッ!とした食感。トマトソースの甘味・酸味の上にタコと春野菜がどっさり。歯ごたえのあるタコにシャキシャキの春野菜が加わり、いろいろな食感が楽しめます。同じメニューであっても、日によって出来上がりは違うそうです。今回、春野菜の中にスナップエンドウが使われていましたが、明日はズッキーニかも!?メインの食材は押さえつつ、その日の仕入れた新鮮な食材との組み合わせやシェフのインスピレーションによって仕上がりが異なり、それも楽しみの一つになりそう。

▲おまかせ3種盛りこの日は、キッシュロレーヌとカツオのカルパッチョ、牡蠣のオイル漬けキノコのソテーの盛り合わせをいただきました。キッシュロレーヌは、底のタルト生地はさくっとした歯ごたえ。構成的には、タルト生地、チーズ、ベーコン、キッシュ生地。美味しい!追加でサラダがあれば立派にランチメニューとしてもいただけそうです。旬(お邪魔したのは4月)であるカツオを使ったカルパッチョ。カツオは、脂が少なく身が締まり、プリプリとした食感が楽しめます。牡蠣のオイル漬けは、油は控えめで、牡蠣のうまみがぎゅっと詰まった、ビールのお供にピッタリの一品!リクエストに応じて、盛り合わせの種類を変えることも可能なので、シェフにお声掛けください。

モスグリーンを基調としたシックな装い

店内は、木の茶色、白とモスグリーンの配色に落ち着きを感じます。カウンター5席、更にその後ろにはテーブル席が10席で、ゆったりした設計になっています。入口付近には、存在感のある薪窯があります。カラーはもちろんモスグリーンこの薪窯を使い、450~500度の温度でピッツァを一気に焼き上げる。外はカリッと、中はモッチリとした仕上がりになるよう焼き上げる。「生地は天候や湿度によって水分量が変わる。生地の状態と窯の温度を計算しながら調整します。」と岡本さん。真剣なまなざしで窯の中の生地を見ています。

気さくなシェフとの会話も訪れる楽しみのひとつ

店名のゲッテンは、北九州市で育った岡本さんが子どものころに、母親によく言われた言葉だそうです。「きかん坊」という意味の方言で、店名を決める時にふっとよぎったのだとか。岡本さんは大学卒業後、各国を旅し、そこで自分が作った料理を食べてもらうことのうれしさを知り、料理の道へ進むことを決めました。その後、和食や洋食店などで働き、薪窯で焼くピッツェリアに出会ったのが、このお店を開店するきっかけ。いろいろな経験をされているシェフだけに、会話も楽しく時間を忘れてしまいます。

カジュアルなデートにも、女子会にも使えます。アラカルトも充実しているので、お一人様でもカウンター席でサクッと一杯楽しめます。

取材日:2017.4.1

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/05/20 05:42:46

アイコン選択
メッセージ(12文字)