人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

酒とお料理 つぐ

居酒屋本格割烹料理を酒の肴にする贅沢をカジュアルなスタイルで気軽に。 (京都 烏丸 酒とお料理 つぐ)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

酒とお料理 つぐ

電話番号
075-231-8979
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
京都府 京都市 中京区室町新町の間錦小路下ル観音堂町468 [ MAP ]
最寄り駅
営業時間
月~日 17:30~翌1:00 (L.O.24:00)
定休日
不定休
座席数
34席 ※宴会 25名様(着席時) ※座敷個室あり(6名~8名様用)
平均予算
4,000円~5,000円
求人情報
-

阪急京都線 烏丸駅 、地下鉄烏丸線 四条駅から徒歩3分。観音堂町の狭い路地を入ったところに狸の置き物が目印の「酒とお料理  つぐ」があります。京町屋風で隠れ家と形容するのにピッタリな佇まいです。20年以上和食の世界で腕を振るっている店主・橋詰さんが「お酒とともに愉しめるお店を」と、5年前に開店されました。

大人なお客様にピッタリ、お酒好きにはたまらない“あて“

ここでしか食べられない自家製珍味多数。頂いたのは、「自家製柚子明太子」「クリームチーズの味噌漬け」「数の子の奈良漬け」。柚子明太子は、柚子胡椒のピリッとした辛味が舌を刺激します。数の子の奈良漬けは、噛めば噛むほどに数の子に閉じ込められた奈良漬けの風味が解放されて、とても味わい深い。クリームチーズの味噌漬けは、クリームチーズにほのかに醤油と味噌の味が広がる繊細な一品。クリームチーズを丸一日醤油に漬け込んで、そこから西京味噌に漬けており、手が込んでいます。“とりあえず”メニューからすでに手が込みすぎ!

本格割烹料理を酒の肴に

続いて、「鯛のあら炊き」をいただきました。これはお薦め、絶品です。骨までしゃぶりたいとはまさにこのこと!!日本酒を飲みながらこの一品をいただけば、至福の時間です。鯛は、短時間で炊き上げており、タレは少し甘い濃い目の味付けにされています。短時間の炊き上げは、鯛の白身の淡泊な素材の良さも味わってほしいから。その白身にタレをつけて味わって二度おいしさを楽しめます。濃い目の味付けなのは、「お酒の肴として愉しんで頂きたい」と店主の想いから。常連さんには、素麺を出して、このタレにつけて頂くことも。想像しても絶対合う!と断言できます。

尾崎牛ブリスケ炙り。本日のおすすめ、店主のおすすめメニューです。尾崎牛の特徴は、脂がくどくなくあっさりしています。食感がしっかりしており、岩塩がお肉の旨みを引き出してくれます。噛めば噛むほど味のある赤身はぜひ堪能していただきたいです。尾崎牛とは、宮崎県の牛、肉商尾崎氏の運営する牧場で子牛の頃から育てられた牛のみに与えられる称号。日本では牛肉商自らの名で市場に出ている唯一のブランドです。出荷頭数が少なく、なかなか流通しないため、とても希少です。スタッフの一人が宮崎の出身で、縁あってこのブランド牛をお店でお出しできるのです。

季節感を大事にした日本酒を揃えています

「お酒とともに愉しめるお店」というだけあり、日本酒の取り扱い種類は40種類以上。そのごく一部がメニューに載っていますが、好みを伝えてもらえれば、店主に選んでいただけます。お酒を選ぶ基準の一つに、季節感を大事にしているとのこと。店主自らが試飲して、「旨い!」とお眼鏡にかなったものだけが厳選されています。もちろん店主も相当な日本酒好きで、「命削って飲んでいます(笑)」と筋金入りです。

店内は、とても落ち着いた雰囲気。掘りごたつ席とカウンターがあり、中でも人気は6席しかないカウンター席。カウンター越しに眺める包丁さばきと店主やスタッフとの会話を楽しめる特等席。カウンターが空いていなければ出直す常連さんも多いのだとか。「お酒を飲んでワイワイやりたい」と店主。これもこのお店が支持される理由の一つです。

一品一品仕込みにも時間を掛けています

夜の営業だけなのですが、仕込みは朝から始まります。丁寧でかつ繊細なお料理は、手を抜かずに手間暇かけて作られていることがひしひしと伝わってきます。丁寧なお料理と豊富なお酒、これは満足できること間違いなしです。どの季節に行っても、美味しい旬の素材を使った料理があるので、季節毎に行きたいと思ってしまいます。一度、暖簾をくぐってみてください。リピートしたくなる、そんなお店です。

取材日:2017.03.05

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/05/20 05:21:06

アイコン選択
メッセージ(12文字)