人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

SAKETORY

専門飲食店「とにかく美味しい鶏と日本酒を堪能して欲しい!」店長の心意気が伝わる料理の数々(大阪 天満 SAKETORY)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

SAKETORY

電話番号
06-6809-7570
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
大阪府 大阪市 北区錦町3-8 ケントビル1階 [ MAP ]
最寄り駅
JR大阪環状線 天満駅 徒歩15秒
営業時間
17:00~24:00
定休日
火曜日
座席数
32席 (テーブル24席、カウンター8席)
平均予算
3,000円~
求人情報
-

※記事中の価格は取材当時の価格です。

好きになったらとことん追求!こだわりの日本酒と焼き鳥を堪能。

JR天満駅から徒歩15秒。商店街とは逆の方向に歩くとすぐにあるのがSAKETORY(サケトリー)さん。その名の通りお酒と焼き鳥のお店です。

「そんじょそこらの店には負けないラインナップです!」という自慢の日本酒がずらりと並ぶ店内。日本酒好きが見たらたまらないという、通好みの珍しいものも。週に1回ほどの頻度で新しい品種を追加入荷されているので、更新を楽しみに足繁く通う方もいるそうです。
 もともとはバイク、車が好きで以前は車のディーラーで働いていたという店長。好きになったらとことん突き詰める性格だそう。その後、有名焼き鳥店での勤務を経て、SAKETORYをオープン。勤めていたお店の看板メニューの一つ「肝スペシャル」は、SAKETORYでもいただくことができます。
「肝スペシャルは、とにかく食べていただきたい一品。肝が苦手だった人もヤミツキになります。」とのこと。刺身用の肝を炭火で丁寧にあぶり、たっぷりのネギとゴマ油、ゴマをかけていただきます。芸能人にもファンの多い肝スペシャル、SAKETORYさんでも同じ美味しさを堪能できますよ!

苦手なはずのものが美味しく食べられるマジック!

「苦手だったはずだけど、ここでなら食べられる!」というお声がすごく多いというSAKETORYさんのお料理。焼き鳥が好きでも肝はちょっと苦手…、野菜はだいたい好きだけどピーマンは苦手…など、大人にだって好き嫌いは多少あるものですよね。
「ピーマンが苦手という人は、だいたいあの苦味が苦手という方が多いんですよね。そういう方はうちのピーマンスライスをぜひ食べていただきたいです。」ということで、出していただきましたよ、やみつきピーマンスライス、通称「ピースラ」。小鉢にてんこ盛りになって出てきたピーマンスライス。正直、別にピーマンが苦手じゃない私でも「ここまでいっぱいいるだろうか…?」と思う量。でも、一口食べてびっくり!!!シャッキシャキの食感とさっぱりいただけるお味が本当にやみつきに…!
店長によると、下処理を丁寧にして、水にさらすことで苦味がぬけて、シャキシャキの食感になるとのこと。常連客の方が必ずと言っていいほど頼むメニューだそうなので、ぜひお忘れなく。

そして、リピーターが多いと言えば「とろり肝うま煮」。とろっとろの食感、そして嫌な後味が全くないので、ついつい箸が伸びる一品です。「こんなに肝をおいしく食べられるなんて!」という声が絶えない人気メニューです。
「美味しいものを、ちゃんと美味しく食べて欲しい」とことん美味しさと調理を追求する店長のこだわりがしっかり料理の味に反映されていますよ。

とにかくまっすぐ、真面目に美味しさを追求する店長の心意気。

じっくりお話をお聞きしていると、とにかくまっすぐ、真面目な店長。料理のラインナップも、美味しい鶏の味を最大限に味わってもらいたいという気持ちがあらわれています。

もちろん焼き鳥も、そして自家製タルタルが絶品のチキン南蛮も。そして隠れた人気メニューはプリン!店長曰く「ええ卵の卵黄だけを贅沢に使ってるんです。すごく贅沢です…。」とのこと。お客様からも「お値段以上!」との声が多いようです。スイーツ好きも納得の美味しさなので、別腹にぜひ。

天満駅から商店街側へ流れる人並みにさっと逆行し、たった15秒でたどりつくSAKETORYさん。ぜひ、足を運んで店長のこだわりと絶品料理を堪能してくださいね!
取材日:2016.12.6

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/12/15 08:34:58

アイコン選択
メッセージ(12文字)