人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

馬肉と和食のお店 神戸播磨

専門飲食店欲張りなあなたにおすすめ。 新鮮な魚と熊本直送の馬肉を融合、どちらも味わえる贅沢さ(豊中 馬肉と和食のお店 神戸播磨 )

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

馬肉と和食のお店 神戸播磨

電話番号
06-6151-3382
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
大阪府 豊中市 東豊中町4-7-25 [ MAP ]
最寄り駅
営業時間
[昼]11:30~14:00 [夜]17:30~23:00 金曜のみ17:30~翌2:00
定休日
木曜日
座席数
16席(カウンター6席、テーブル席10席)、ほかテラス席4席あり
平均予算
[昼]1,000円 [夜]3,000円~
求人情報
-

豊中の静かな住宅街に、店名が書かれた大きな日よけ暖簾が目印の「馬肉と和食の店 神戸播磨 Harima」。店主の筒井さんが、白衣と和帽子姿で、出迎えてくれました。

魚も馬も満喫。新鮮な食材と丁寧な仕上がりがおいしさの決め手

▲前菜5種盛り前菜の5種盛りは、仕入れの状況によって変化しますが、この日は「鰆の棒寿司」と「峰岡豆腐」、「鯛皮のポン酢和え」、「鶏と大根のきんぴら」、「ダシ巻たまご」。見た目にも繊細かつ丁寧な仕上がりが、見てとれます。店を訪れるお客様には、ご年配の方も多く、丁寧に仕込み、複雑な味わいに仕上げた和食は大変、喜ばれるのだそう。鰆(さわら)はデリケートで鮮度がよくないと、なかなか刺身や寿司ネタには利用できません。実際、食べてみると、身は柔らかく、淡泊で上品な味わいです。「峰岡豆富」は、クリーミーな味わいでワサビ醤油がとても良く合います。今回、お出しいただいた5種の中では、個人的に「鶏と大根のきんぴら」がとても気に入りました。そぼろと細かく刻まれた大根を甘辛く煮たこの一品は、お酒にもあいそう。

▲蓮根まんじゅう蓮根をすりつぶして、団子状にしたものに、出汁の効いたとろみのあんがかかっています。もちっとした食感がクセになる一品。のどごしも良く、繊細で上品な味わいに思わずうっとり。料亭で修行を積まれた経験を持つ店主の技が光る一品です。

馬肉料理では、馬コロッケと店主がおすすめする馬肉ステーキをいただきました。

▲馬コロッケポテトコロッケの中に、馬刺しにも使えるほどの新鮮な馬肉を甘辛く味付けされた馬肉の塊がと入っています。ほくほくのじゃがいもと煮込んだ馬肉の相性の良さにハマります。

▲馬肉ステーキ馬肉は火入れし過ぎても、冷めても硬くなるので、あえてレアに。鮮度の良い桜色の断面が魅力的です。食感はやわらかく、脂をほぼ全く感じない非常にヘルシーな感じ。赤身の旨さに陶酔したいなら、このステーキは必食です!「馬肉は鮮度が命。当店の馬肉は、毎日少量の馬肉を熊本より直送しておりますので、いつでも新鮮で、ご安心してお召し上がりいただけますよ」と、筒井さん。熊本は阿蘇の麓で食用として育てられ、ISO22000の認証取得した高級馬肉だけを使用。切り置きせずに、オーダが受けてから捌くようにしています。

店主の料理技術の全てを余すところなく伝えたい

「もともとは、料亭や寿司屋など和食の世界に20年近く携わっていたのですが、大阪の西天満で馬肉専門店の店長を任されることになり、熊本の有名店で武者修業をしていました」とのこと。その時に本場熊本で食べた馬刺しに感動し、「本場熊本の馬肉料理を関西に広めたい」という想いからこのお店を始めたのだとか。自分のお店を持つときは、新鮮な魚と野菜と本場熊本の馬肉を融合させたコンセプトのお店にしたいと決めていたそうです。縁あって、豊中で2016年4月にお店をオープンしました。「馬肉は高級なイメージがあるので、リーズナブルに提供してお客様に喜んでもらいたいです。新鮮なお魚と馬肉を食べるなら、“ココ!“と思って頂けるようなお店にしたいですね」と筒井さん。

店内の壁や棚にはワインや日本酒が並んでおり、「馬肉と和食」の暖簾からイメージするよりもカジュアルな雰囲気。カウンター席とテーブル席が配されており、お友達と一緒はもちろん、お一人様でもゆったりとした時間を美味しいお料理を楽しめます。ランチタイムには、近隣の主婦からお年寄りまでさまざまにご来店。ママ会、趣味の会など、お昼の宴会や会合などにも利用しやすいと好評です。夜は、鍋や懐石など自慢のお料理が楽しめるコースも各種ご用意しているので、ご利用シーンに合わせて幅広く使えますよ。基本を大切にした”心に届く料理”をモットーとする、寡黙な店主が織りなす至福の一品を味わってみませんか。

取材日:2017.2.4

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/01/16 19:11:22

アイコン選択
メッセージ(12文字)