人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

BOTTI 名鉄レジャック店

お肉が食べたいときはBOTTIへ!東海地方のブランド熟成牛をリーズナブルに味わおう!(名古屋 名駅前 熟成肉バルイタリアン「BOTTI」)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

BOTTI 名鉄レジャック店

電話番号
052-485-5504
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
愛知県 名古屋市 中村区名駅南1-25-2 3F [ MAP ]
最寄り駅
栄駅13番出口から徒歩5分
営業時間
昼11:30~14:00、夜16:00~23:00
定休日
年末年始
座席数
40席
平均予算
昼900~、夜2,000~3,000
求人情報
-

今回ご紹介する熟成肉バルイタリアン「BOTTI」は、名鉄名古屋駅より徒歩3分「名鉄レジャック」の3階に店舗を構えています。
東海地方のブランド牛として名高い「尾張牛」と「知多牛」をリーズナブルな価格でおいしく味わえる人気店。

氷温熟成したお肉を使ったメニューやアラカルト、ドリンクメニューも豊富で、お肉が食べたいときにフラッと立ち寄りたくなるお店です。

ブランド肉のおいしい部位を食べ比べ!

BOTTIの看板メニューとして紹介して頂いたのがこちら。
熟成肉を使った「BOTTI肉盛り300g超」です。
仕入れ状況に合わせて、尾張牛や知多牛のおいしい部位3つを食べ比べできる贅沢なメニュー。

この日は「尾張牛ザブトン」「尾張牛カイノミ」「尾張牛イチボ」の3種類でした。
厚切りされたレアなお肉を鉄板で好みの焼き加減に調整して頂きます。
ザブトンを一口食べて感じたのは、お肉の甘味と柔らかさ。
なかなか味わえないとろけるようなふわふわな赤身に思わずおいしいと言葉が溢れます。

「良質なお肉ならではのおいしさを感じてもらえます」との店長の言葉にも納得。
添えられているテリヤキソースもさっぱりしており、お肉の旨味を引き立ててくれます。
お酒のおつまみにはもちろん、シェアしてワイワイ食べ比べてみるのもおすすめです。

厚切りベーコンがのった絶品「ポテトサラダ」

続いて、アラカルトの人気メニュー「ポテトサラダ」。
店長にこだわりのポイントを伺うと「ワインに合うように、キノコのペーストを混ぜて上品な味に仕上げています」とのこと。さらに、「厚切りベーコンの肉汁がポテトサラダに奥行きを出してくれる」そうです。
これは、期待が膨らみます!
早速、一口頂くとホクホクとしたポテトの風味とキノコの旨味がやみつきに。
あっさりとした後味は、ワインの風味を邪魔することがありません。

さらに、厚切りベーコンはナイフで切れる柔らかさでポテトサラダと一緒に食べてもおいしかったです。

30種類の厳選したワインの飲み放題も

ディナータイムには30種類の厳選したボトルワインの飲み放題を開催。
2時間1,000円(税抜)時間、無制限1,500円(税抜)のリーズナブルな価格で人気を集めています。
「ワインの飲み比べをしたい方にもおすすめです」とのことで、なるほど、赤ワイン、白ワイン共にさまざまな口当りのワインが揃っています。

もちろん、ワインの他にも女性に嬉しいカクテルなノンアルコールカクテルが豊富に用意されており、ゆっくりと楽しい時間を過ごすことができます

東京で流行中!「テーブルアート」でサプライズも

赤をアクセントに使ったジョウヒンデオシャレな店内は、女子会やデート、会社の飲み会など幅広いシーンで使いたくなる空間。
ゆっくりとつくろげるソファ席もあり、おいしいお肉を食べながらゆっくりとした時間を過ごしたい人にもおすすめ。

また、コースメニューも充実しており「記念日コース」では、目の前でテーブルアートをしてくれるサプライズも。
東海地方では、目新しいテーブルアートをいち早く体感することもできますよ。

取材日:2018.06.12

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2019/01/16 18:52:07

アイコン選択
メッセージ(12文字)