人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

SNSから取得した情報は当サービスで利用し、招待状などの表示条件やフレンド間でお気入り記事共有などに利用します。

利用規約プライバシーポリシー を確認してください。

ログインしてください

LINEアカウントを利用してログインを行います。

本Webサービスでは、ログイン時の認証画面にて許可を頂いた場合のみ、あなたのLINEアカウントに登録されているメールアドレスを取得します。
取得したメールアドレスは、以下の目的以外では使用いたしません。また、法令に定められた場合を除き、第三者への提供はいたしません。

  • ユーザーIDとしてアカウントの管理に利用
  • パスワード再発行時の本人確認に利用
  • 通知、お知らせの送付

谷町 一味禅

居酒屋天丼グランプリ日本一!デカデカに盛られた具材で満腹満足(谷町四丁目 一味禅)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

谷町 一味禅

電話番号
06-4304-1621
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
大阪府 大阪市 中央区谷町5-6-4 [ MAP ]
最寄り駅
大阪市営地下鉄谷町線 谷町六丁目駅 徒歩3分、谷町四丁目駅 徒歩5分
営業時間
[昼]11:00~14:00 [夜]17:15~22:30
定休日
日・祝
座席数
82席
平均予算
[昼]~1,000円 [夜]3,000円~
求人情報
-

※記事中の価格は取材当時の価格です。

「日本一の天丼」と大きく看板を掲げたお店「谷町 一味禅」は2014年第一回全国天丼グランプリで金賞を獲得したお店が大阪・谷町五丁目にあります。グランプリに輝いくほどの美味しさはもちろんですが、なんといってもここのメニューは、デカ盛りなのがウリです。

「サラリーマンの方にお腹いっぱい食べてもらいたい」との思いで、この地に開店して15年。デカ盛りメニューは見事に定着しました。今でこそ、デカ盛り、大盛り店は珍しくありませんが、開店当時はまだ大盛りメニューを出すお店が少ない時期。美味しさとボリュームですぐに話題になり、あちこちから取材を受け、遠方からわざわざ食べに来られる方も多くいらっしゃったそうです。開店当時からお店にいるスタッフのお話によると、「大盛りメニューは他にもありましたが、揚げ物系は当店が最初かも知れません。穴子が一本入っているところはなかったですから」とのこと。当時は、男性客が中心で女性客はちらほら見かける程度でしたが、今では女性客も増えて、ペロッと平らげてしまうほどの盛況ぶり。大盛りと聞くと、どんぶりにご飯が山のように盛られて、とにかく量が多いのを思い浮かべてしまいますが。「谷町 一味禅」は、大盛りというよりは、デカ盛りといったところでしょうか。ご飯の量は一膳ほどですが、上にのっている具材が大きくてたっぷりなのです。「ご飯が見えないぐらい具材を乗せる」と徹底されているそうで、確かに上から見ると、ご飯は見えません。お店のオススメメニューは、「海鮮ミックス丼」(900円)、「スペシャル天丼」(1,000円)で、人気トップメニューでもあります。女性は「海鮮ミックス丼」をオーダーする方が多いとか。天丼に対するこだわりは随所に見られます。魚は当日仕入れた新鮮なものを使います。天ぷらの生地は、ブレンドした粉を使い、サクサク感を出しています。

天丼のタレは、開店当時から大将と呼ばれている人が独自に開発した秘伝の甘辛タレを使用。それらのこだわりの融合が、天丼日本一となったという理由ですね。

ということで、「スペシャル天丼」をがっつりと頂きました。天丼には赤だしがセットでついています。目の前に置かれた「スペシャル天丼」。海老天2本、穴子天、とり天、カボチャ天、ニンジン天、オクラ天、豚天、きざみ海苔がかかって、なかなかのボリュームです。野菜がたくさんあるのも嬉しいですね。

「さて、どれから食べようかな?」と迷いつつ、まずは海老天をパクリ!サクッとした食感は、気持ちがいいです。タレがかかっていても、サクサクなのは◎。

穴子もとり天も豚天も、直径10センチぐらいはありそうな大きさで、スペシャル感満載です。充分すぎるほどのボリュームだけど、さらにプラス100円でご飯を大盛りかおかわりできます。秘伝の甘辛タレが美味しくて、食欲に拍車がかかり、ご飯をおかわりしたくなっちゃいますね。男性は、大盛りにされる方が多いそうですよ。ランチタイムは、どんぶりものがメイン。午後1時過ぎになると女性客が増えます。以前から、夜は居酒屋として営業していましたが、9月からは、さらに新鮮な刺身、天ぷら、おばんざいのアラカルトメニューを増やして、ますます人気になりました。もちろん、ランチタイムと同じ天丼も食べられます。

2階はお座敷になっており、団体のお客様で日々賑わっています。「値段以上のボリュームと豪快さが、当店のウリ!」と店長さん。「がっつり食べてもらったら気持ちいい」と、デカ盛りを調理することにやりがいを感じているとのこと。“天丼日本一”に屈することなく、料理人魂ここにあり!を感じました。スペシャル天丼で満腹になったけど、次回は「海鮮スペシャル丼」に挑戦したいですね。取材日:2016.10.25
 

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2020/10/20 18:09:36

アイコン選択
メッセージ(12文字)