人気店から招待状をもらおう! レポハピ

人気店から
招待状をもらおう!

記事を条件検索する

ログインしてください

会員登録は無料です

会員登録するとマイページに招待状が届きます。

あなたの登録情報や興味関心、SNS利用状況で、届くオファーや招待状が変わります。

利用規約を確認してください。

日本糀協会 神戸・岡本コージーカフェ

カジュアル・カフェ日本の食文化を見直そう! “Cozy Cafe”は「糀」が主役(阪急 岡本 Cozy Cafe)

PR レポハピ公式ライターの取材記事です。

日本糀協会 神戸・岡本コージーカフェ

電話番号
078-452-5840
※事前に予約可能か確認するとスムーズです。
所在地
兵庫県 神戸市 東灘区岡本1-14-6ニッシン岡本マンション104 [ MAP ]
営業時間
11時〜18時
定休日
不定休
座席数
16席
平均予算
1000〜1500円/1人

日本の食文化の伝統とも言える「糀」。
糀は味噌や醤油などに使われている身近な食材で、糀を使えば料理のバリエーションが増える万能調味料。
「でも、自宅で糀調味料を作るのは大変!」、「糀料理のバリエーションを知りたい」と思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで、「もっと糀を使った料理を食べてほしい」というオーナー・永樂さんの切なる思いでオープンしたのが、神戸市岡本にある「Cozy cafe(コージーカフェ)」です。

カフェなら、さまざまな糀料理を気軽に食べることができます。

コージーカフェでは、食育や食文化のことを考えながら、年代を問わず糀をもっと広めることを目的として、なるべく値段をおさえながら、生産段階から原材料にこだわりました。
そして、なるべく高品質で安心な原料を使い、家庭よりもワンランク上で安心感をもって、糀を気軽に味わってもらえるようにしたとのこと。
「糀をきっかけに日本の食べ物を見直すきっかけになれば」と、SNSも使って広めると、糀に興味を持たれ方が集まるようになっています。

こだわりがあるからあえて魚を使わない

オススメのランチメニューは、プレートランチが3種類。
一皿に、メインと副菜、ご飯がバランス良く盛られています。
メインは、「兵庫県ブランド・雪姫ポーク糀だれ生姜焼き」、「糀トマトソースの手ごね煮込みハンバーグ」、「特製糀だれにつけ込んだ和牛ローストビーフ」と、どれも糀をさりげなく使った味付け。サラダのドレッシング、ランチの付け合わせにも糀を使っているので糀のバリエーションを愉しめます。

今回は、「兵庫県ブランド・雪姫ポーク糀だれ生姜焼き」をいただきました。肉が柔らかく、ほんのりと糀の香りがしてとても食べやすかったです。

安心・安全な食材を使うことをモットーにしているため、野菜はなるべく無農薬のものを使用し、主に丹波から取り寄せたものを使っています。お米も無農薬で化学肥料不使用の神戸米です。

この日の付け合わせのバーニャカウダーも、アンチョビを使わず、醤油糀とニンニクで風味を出すといった工夫がされています。

また、カレーは、隠し味に醤油糀を使用。ほうれん草と豆を使ったヴィーガン対応のものやチキンのインドカレーもあります。
キッズメニューや離乳食にも対応してくれるところが、子育てママにとっては嬉しい限りです

控えめな甘さの糀入りスィーツ

糀の代表格である甘酒は、スィーツ作りには欠かせません。なるべく白砂糖を使わず、甘酒、てんさい糖で代用。
砂糖とは違い、まろやかで優しい味に仕上がります。

「甘糀生チョコケーキ」、「お味噌のベークドチーズケーキ」、「甘糀シフォンケーキ」、「甘糀アイスクリーム」など、スィーツ好きならどれにしようか迷ってしまいます。

「甘糀生チョコケーキ」は、オーガニックチョコとオーガニックココアパウダー使用し、糀を入れることで小麦粉は一切使わずに、生チョコの食感を引き出しました。
添えられた生クリームも砂糖を使わずに甘酒だけで甘みをつけています。

「体に良くても、美味しくなくては意味がありません。ストレスを感じずに、美味しい食事を楽しみながら食べることをモットーとしています」と永樂さん。

その思いが広がり、今は糀料理を学べる教室も開催。
また、開店当時はお子さまと女性の方ばかりでしたが、最近は男性のお一人様がいらして糀に関心を持ってくれる方が増えています。

「糀」を少しプラスするだけで、お料理の味がグッと深まります。
糀の良さや日本の食文化を再認識させてくれる「コージーカフェ」に行ってみませんか?

取材日:2017.07.27

※PR記事にはライターの所感、感想が含まれます。
内容・価格は取材当時のものです。

リアクション (0)

リアクション

2018/04/21 03:26:11

アイコン選択
メッセージ(12文字)